2017年ブリーダーズカップ

JUST競馬予想ブログ

アロゲートは5着<BCクラシック>

読了までの目安時間:約 2分

 

アメリカ最大の競馬の祭典・ブリーダーズカップの最重要レースとされるクラシックは、日本時間の5日朝にデルマー競馬場で行われ、アロゲートに次ぐ2番人気に推されたガンランナーが、これまでのGⅠ連勝の勢いのまま、ここを圧倒的なスピードで押し切り、最高の栄誉を浴した。
S.アスムッセン厩舎の4歳牡馬。良馬場の勝ちタイムは2:01.29。
ドバイ遠征を経て、一気に馬のスケール感がアップした印象の新王者の登場で、時代はガンランナー独占の流れに進みつつある。

一方、ドバイWCでの衝撃のスタート失敗から、世界中をあっと言わせた豪快な巻き返しで、そのガンランナーや日本馬を完封した人気のアロゲートは、この日も、帰国後から本来の姿を見せられずにいた悪い流れをついに大一番でも断ち切れず、後方から伸びあぐねて11頭立ての5着に敗れた。
すでにこのレースを最後に引退するという情報も出ているが、春までの走りっぷりが今のガンランナーとそっくりなのと比べれば、あまりにも切ない末路となってしまいそうな気配である。

今や高額賞金レースが世界中にはびこる中、2日間開催になってより細分化と同時にステータスがやや形骸化しつつあるこのBC競走は、1着賞金330万ドルのクラシック以上の賞金が出るレースが年明けに内外に行われる影響もあり、統一GⅠ的要素もちょっとずつルーズになりすぎた側面をもつ。
アロゲートはその高額条件レースを全制覇し、今がある。
あのタフさが取り柄のアメリカンダート野郎は、どうなってしまうのか。
王者の凋落に思うことは、国家の在り様とやけにリンクしている気もしないではない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :    

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方