競馬ニュース&コメント

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

有馬は北村宏司<ルージュバックの鞍上決定>

読了までの目安時間:約 2分

 

24日行われる有馬記念への出走が予定されているルージュバックは、3日、前回エリザベス女王杯で騎乗したムーア騎手ではなく、北村宏司騎手に再び乗り替わりとなり、新コンビで悲願のGⅠ制覇を目指すことが決まり、所有するキャロットクラブのホームページで発表がされた。
オールカマーでは、再びの牡馬斬りで相変わらずの決め手を見せつけていたが、比較的当たりの柔らかい北村騎手との息が合えば、十分にチャンスはありそうだ。

実は、これと同時に発表されたのが、リスグラシューの回避。
共に伏兵で、気楽に挑める牝馬ということで、陣営の目論見と立場の違い、言うなれば、ゴール間近の活躍馬とまだまだこれからの3歳→4歳のホープと差が、こういう判断を生んだ可能性もあるのだが、少し残念な気もしないではない。

シンプルに勝つことに、GⅠ制覇に猪突猛進する姿が見られたのなら、たとえ、キタサンブラックのバッドエンドに直結する結果がもたらされたとしても、競馬の内容を吟味したら、至極納得の展開ととらえることはできる。
目標がまだ先にあるという考え方も、もちろん、有終の美を飾るべく周到に準備してきたのだから当然という見立てもあっていいわけだが、どこか、シンプルに使い分けの論理が働いただけという気がしてしまって、得心がいかないというのが本音である。

本当に馬のことを考えての判断だったのか。
中心馬ではない以上、レースの本筋には大きく影響しないかもしれないが、女王杯の差し損ねの後の大勝負に向けての段取りにしては、何だか腑に落ちない部分も否めない。

 

タグ :   

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方