2017年 東京大賞典

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

三度の奇跡<東京大賞典回顧>

読了までの目安時間:約 2分

 

鮮やかに逃げ切った。それも良馬場で。

29日大井競馬場で行われたダート競馬の総決算・第63回東京大賞典は、良馬場の下、混戦模様は一変、引退戦となったコパノリッキーの独壇場で幕が閉じた。

勝ちタイムは2:04.2。

通算GⅠ11勝、中央のフェブラリーSを史上初めて2連覇するなど、数々の偉業を成し遂げてきた名馬が、今回またしても、大記録はついに更新して、引退の花道を自ら飾った。

良馬場でのコパノリッキーと言えば、マイルでは強くても、これまで2000M戦ではその経験そのものが少なかったこともあり、わずかに15年の当レースでサウンドトゥルーが初タイトルをゲットした時に4着したのみで、全くの未知数の部分があった。

JBCクラシック連覇の実績を残していたリッキーが、どう考えても道悪にはなりえない天候が続いてきた中で、ある意味、本当の実力が問われるシーンで、あの時完封された相手を2年越しで、完膚なきまでに打ち破ったのだ。

渋馬場でGⅠ6勝というのもレコードに違いないが、同時に、引退レースの東京大賞典が一番強かったという印象も、ファンに刻まれることになるだろう。

元気を取り戻したサウンドトゥルーに、今回は完全にスケール負けのケイティブレイブ。追い込みに活路見出そうとしつつあるアポロケンタッキーがそのあとに続いた。

ああ、忘れてはいけない。

コパノリッキーをGⅠ馬に導いた驚異のフェブラリーSの際に騎乗していた田辺裕信騎手に、今回また手綱が戻っていた。

このコンビで通算6勝。

一度完全に手元を離れたのに、今年も2勝。

これはこれで、大変に珍しい記録である。

さようなら、リッキー。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方