競馬ニュース

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

今回は文句なし<有終のキタサン、年度代表馬に選出>

読了までの目安時間:約 3分

 

今年も無事、中央競馬の1週目、変則3日開催が消化され、ミスターMVJこと戸崎騎手の大爆発で、ファンの心を揺さぶった。

俺を忘れるなよ。

正月気分が抜け出すと、前シーズンの総括を兼ねて、JRA賞がドドドと発表される。

有識者たる競馬記者が、今年は290名その投票に参加。

納得の票が集まる一方、?という感じの謎の現象も発生した。

受賞馬は以下の通り。年齢は前年時のもの。

・最優秀4歳以上牡馬・年度代表馬(GⅠ4勝)

キタサンブラック<牡5・昨季いっぱいで引退>

・  〃 4歳以上牝馬(ドバイターフ優勝)

ヴィブロス<牝4>

・  〃 短距離馬(スプリンターズS優勝・連覇達成)

レッドファルクス<牡6>

・  〃 ダート馬(中央GⅠ連勝)

ゴールドドリーム<牡4>

・  〃 3歳牡馬(東京優駿優勝)

レイデオロ<牡3>

・  〃 3歳牝馬(優駿牝馬優勝)

ソウルスターリング<牝3>

・  〃 2歳牡馬(朝日杯FS優勝)

ダノンプレミアム<牡2>

・  〃 2歳牝馬(阪神JF優勝)

ラッキーライラック<牝2>

・  〃 障害馬(昨季GⅠ含む4戦全勝)

オジュウチョウサン<牡6>

個別部門のブラックは満票でオジュウが1票欠けの謎、それなのに、年度代表馬にはオジュウに3票が入る結果は、少々考えることがある。

古牝馬のヴィブロスは相対的に見て当然にしても、コパノリッキーだって…、という理屈は成り立たないわけではない。

票が割れた方が民主的で、心情票が波紋を呼んだ主要部門に関しては、志をもって、ある種の反対票を投じた記者の話を伺うのもありのはず。

その勇気ある発言が、角界のゴタゴタと一線を画すために必要な情報開示になると、筆者は信じたい。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方