競馬ニュース 第67回川崎記念

JUST競馬予想ブログ

あっさり逃げ切り 川崎記念はケイティブレイブが優勝

読了までの目安時間:約 2分

 

31日、川崎競馬場で行われた今季最初のGⅠ戦・第67回川崎記念は、1番人気に推されたケイティブレイブが久々に先手を奪い、アポロケンタッキーら交流GⅠ覇者の面々を終始コントロール下に置き、そのまま2100Mを逃げ切り、2つ目のビッグタイトルをモノにした。

勝ち時計は2:14.9(稍)。

2着アポロケンタッキー、3着アウォーディーなどとは、何度となく対戦していたが、この日は福永騎手との息もぴったり。前走の東京大賞典は、勝ったコパノリッキーに手も足も出ない完敗に終わっていたから、陣営の思いも一入だったろう。

目野哲也調教師も、定年による勇退まで残り少なくなった挑戦の機会を、きっちり勝利で結果を残したのだから、素晴らしい。

機転を利かせて、帝王賞のズッコケスタートで得た普通の競馬での結果も芳しくなく、メンバー構成を見ての福永騎手の好判断により、ごくごく自然な形に戻しての1勝。

ダートの猛者だけに、転厩後の競走生活もまだまだ長く残っている。

小回りでこそ持ち味全開のこの器用さが、今後も活かされることになるはずだ。

個人的には、アウォーディーの惜敗ロードがちょっと悩ましい。

いや、それは陣営の側の方か。

広い馬場向きといっても、フェブラリーSに参戦して結果を出せるような年齢でもなくなってきた。

よく走るヘヴンリーロマンスの仔の中で、一番の活躍馬になったのは良かったのかもしれないが、ホッコータルマエやコパノリッキーのような復元力があるようには思えない。

GⅠ勝ち目前での故障が、どうも尾を引いている気がしてならない。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方