2018年 調教師 引退

JUST競馬予想ブログ

さよなら、先生

読了までの目安時間:約 3分

 

今年は、去る人多数で新顔はあまり多くはないという年になった。

2月いっぱいで競馬サークルを去ることになった12名の調教師。

濃い面々がこんなにも東西にいたのか、と改めて感じさせた、功労者たちの引き際の言葉を紹介したい。

小島太調教師
あっという間の52年。やるだけやった。

池上昌弘調教師
これからのことは、まだ何も考えられないですね。

尾形充弘調教師
もう少し感傷的になるかと思っていましたが…、競馬サークル全体に感謝です。

二本柳俊一調教師
多大なご支援を賜りまして務め上げることができました。

和田正道調教師
調教師生活最終日を迎えて思うことはただ一つ、感謝の一言です。

岩元市三調教師
騎手として初勝利を挙げた小倉競馬場で引退を迎えられて本当に感慨深いです。

加藤敬二調教師
よいこと、悪いこと、苦しいことなど沢山ありましたが、総じて楽しい調教師生活でした。

佐藤正雄調教師
大過なく最後まで過ごせたことが喜びです。

柴田光陽調教師
最後のレースで結果が出なくて残念でしたが、無事にレースを終えられてホッとしています。

目野哲也調教師
ここまでやってこられて満足していますし、最後は力が抜けました。

インパクト大のラストレースとなったダイアナヘイローを管理する福島信晴調教師は、武豊騎手の「競馬の神様にお願いした」という名コメントにかけて、

「神様より、豊君にお願いした」

と、感涙で有終の美を飾るのだった。

二ノ宮敬宇調教師は、土日の出走馬もなく、表向きは静かな週末となった。

あとは皆、時代錯誤的な定年による勇退。

ある意味、早期引退後も後進の教育に役立てる立場のようなものがあれば、もっと潤滑に世代交代が進むのではと感じた。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方