2018年 テトラドラクマ 桜花賞回避

JUST競馬予想ブログ

テトラドラクマは桜回避

読了までの目安時間:約 2分

 

弥生賞が終わり、当面の軸となりそうな才能、今年に関しては、無敵状態の2歳王者があまりにも完璧なレース内容で今季初戦を勝利して、ギブアップの陣営も出てきそうだ。

牝馬路線も雰囲気は似ている。

ストップザ・ラッキーライラックは、阪神ジュベナイルフィリーズ-チューリップ賞参戦の主力級ではない、というような雰囲気になりつつある。

そんな中、ハイペース逃げ切りでレースの流れを左右しそうな存在として注目の関東馬・テトラドラクマが、ちょっとお疲れのようで、クイーンCからの桜花賞直行のプランを白紙に戻し、レース後放牧に出されているノーザンファーム・天栄で再調整、目標をNHKマイルCに切り替えることが、馬主の吉田勝己氏の口から明らかになり、ファンにとっては少し残念なニュースとなってしまった。

曰く、

「使ってガタッと来てしまいました」

勝己氏にしてみれば、牝馬クラシックはわが牧場の姫たちで今年もやらせていただきます、ということを口にはしないものの、伏兵も本命も対抗馬も…、というほぼ独占状態の路線の様子が変化し、少なくとも他の生産者が手塩にかけて育てた馬にレースを作られる状況には、ちょっとした不安が生じる部分もあるはずだ。

チューリップ賞で逃げたのは、非ノーザンファーム産の馬で最もライラックに迫った日高育ちのサヤカチャン。

それを追ったのがノーザンファームの伏兵・カレンシリエージョだったから、結果的に何も波乱は起きなかったが、波乱は決まって前から…、という格言がこの春見られる可能性が少し出てきたことは興味深い。

ひとまず、テトラドラクマさんはお大事に。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方