競馬ニュース

JUST競馬予想ブログ

ゴドルフィン祭り<ドバイ国際競走>

読了までの目安時間:約 2分

 

 

現地時間31日に行われたドバイ国際競走での、日本馬の成績と関係者のコメントをざっと記す。

 
シーマクラシック

④レイデオロ

騎手、調教師とも、道中で引っかかってしまったと振り返った。

⑥モズカッチャン

鞍上は距離面に敗因を求めた。

⑦サトノクラウン

ゲートで隣の馬が立ち上がって…。(モレイラ騎手)

 
ターフ

②ヴィブロス

調教師と鞍上は、馬を労った。

③リアルスティール、ディアドラ

前者はまだ力のある所を再確認できた点を評価、後者に関しては、陣営がこのコースへの適性を感じるとのコメントを残した。

⑦クロコスミア

うまく3、4番手につけて思うような形になったけど…。(西浦調教師)

 
ワールドカップ

⑥アウォーディー

ゲートは出たけど、他馬が速かった。ナイストライ。(武豊騎手)

その他、ゴールデンシャヒーンではマテラスカイがレコード決着の中、5着と健闘。

GⅠ以外でも、ゴドルフィンマイルではアディラートが3着。

ただ、あとのアキトクレッセント、3歳のタイキフェルヴェール、ルッジェーロら着外の組も含め、陣容に自信を持って臨んだ日本勢は、悉く、地元UAE勢に子ども扱いされてしまった。

特に、ターフから3レースの日本でいえば特別戦の結果は、ベンバトルの好位抜け出し圧勝に始まり、ホークビルは楽々の逃げ切り、そしてメインはアメリカの誇りでありバファート厩舎のウエストコーストを終始自由に走らせなかったビン・スルール厩舎のサンダースノーのレコード押し切り勝ちと、圧巻のロイヤルブルーナイトであった。

ただ、お客様として参戦しているようでは、これは無理だと思わせるほどの衝撃を覚えた。

 

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方