2018年競馬ニュース

JUST競馬予想ブログ

ルメールの勝てる騎乗が光る 2018WASJ

読了までの目安時間:約 2分

 


いつもより渋めの実力派が集った札幌での争い。

渋った芝の1200M戦から始まったのだが、いきなりの波乱。

人気薄の大外枠で武豊という普段は見慣れない構図が見られ、それを追いかけたのがアメリカに拠点を置くラファエル・ベハラーノ騎手騎乗の下級ランクの馬。

勝ったアイファープリティに、洋芝&道悪適性はなく…。これが魅力のシリーズだ。

2戦目は2000M戦で、ルメール騎手が理想の好位付けで抜け出し、人気のレッドジェノヴァの力を引き出した。

2着は内をついたフォーリー騎手の伏兵で、いかにもトップ騎手だけのレースらしい展開となった。

日曜の第3戦目は、武豊の人気馬をモレイラの対抗馬がつつき、最後は至極の一騎打ちへと展開したダート戦。

勝負師としてのテクニックと得意技を出し切った争いは、追う者の強みで、モレイラ騎手のエンクエントロスが僅差で競り落とした。

キーンランドCを挟んで、最終の1800戦は、1000万の番人がやや少ない組み合わせを味方に、たまたま前走でルメール騎手が乗って快勝していたスマートエレメンツの能力をしっかり出し切り、3馬身差完勝。

ゴール後は、シリーズ優勝を確信するガッツポーズで、感激のバックストレッチとなった。

結果、順調にポイントを加算していったクリストフ・ルメール騎手が、しっかりと2勝したので、文句なしの優勝。

2位武、3位デムーロ両騎手ということで、チーム対抗のカテゴリーでも、JRA選抜の圧勝に終わった。

これにモレイラが加われば、もはや、企画倒れである。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方