2018年競馬ニュース

JUST競馬予想ブログ

父と違う道で頂点へ

読了までの目安時間:約 2分

 


ヨシダという馬がいる。

ノーザンファーム産のハーツクライ産駒。

アメリカの芝GⅠを勝ったところで、特別、日本産馬だからと騒がれることはない時代。

5月のチャーチルダウンズ競馬場・ターフクラシックS<9F>を制した、アメリカにはどこにでもいる外国産馬だったヨシダ。

それが急転、目先を変えて、アスコット遠征を経たこの夏、今度はダートのそれもGⅠに挑むことになったのだ。

去る9月1日。サラトガの9F戦、ブリーダーズCに向けたステップの一つ、ウッドワードSに参戦した初ダートのヨシダが、人気勢を差し置いて、ゴール前では2馬身の差をつけて勝ってしまった。

この展開。日本の古馬タイトル戦における芝、ダート両カテゴリーでのGⅠウイナーといえば、あのアグネスデジタルがいるくらいだから、いくら芝路線が低調になってしまったアメリカ競馬とはいえ、そちらからダートに転戦してGⅠ馬になってしまうなど、外国産馬であればほとんど考えられない結果だ。

ダート馬が芝のタイトルを先にゲットしたというのは違う。

無論、向かうべき目標はBCクラシック。

縁あって、チャーチルダウンズで勝ち取った芝のタイトルだったが、今度は、同じ場所のダート戦における最高峰の舞台で、再びの栄誉を浴することになるのだろうか。

新馬から2連勝するも、縁なくクラシックに出られなかった現3勝・ジークカイザーの半弟。

ゴーンウェスト系のカナディアンフロンティア×異色のサドラーズウェルズ産駒として知られるエルプラドというバックボーンが、普通ではない仕事をできるハーツクライ産駒らしいミラクルさを、どうやら引き出してしまったのかもしれない。

実に興味深い。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方