競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

不運は続き

読了までの目安時間:約 2分

 

レース中に発症したとのことだ。納得でもある。
先日のダービーで、ドゥラメンテの二冠阻止に最も近い存在として高い支持を集めていたリアルスティール(栗東・矢作厩舎)が、レース後の検査で、左前脚の第一指を剥離骨折していることが判明。最低3か月の休養が必要との診断を受けた。

クラシック競走後というのは、毎年のようにこのような残念なニュースを目にするわけだが、今年も世代を代表する存在とも言えるクラシック好走馬が、激戦による名誉の負傷を被るとなった。
ダービーのあとは、特に多い。今年のように、時計が速くなった年は必ずと言っていいほど、大きな故障を起こす有力馬が出て来る。
3年前が特別多かったわけではない。

さて、この事象の本質的な問題について考えてみたのだが、強いという概念は、一体どう捉えるべきなのか。
所詮は形容詞であるから、各々の思いや考えによって、そのニュアンスは異なる。ドゥラメンテにしても、未だに強いと評することに抵抗を覚える人がいるくらいだ。
決して、クラシックレースの番組構成が悪いのではない。人間が、多大なる負荷を若駒にかけて得られるステータスは、競走馬には絶対的なものだ。
彼らの一生を左右するのも、結局は人間の判断ひとつ。

命を落とすような故障でなければ、ここは前向きに、休息の時間にすべきという神の啓示だと思い込むことが、みんなの幸せに繋がっていくように思う。
厄払いはこれでお終いだ。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方