競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

ディープの夏に

読了までの目安時間:約 2分

 

オーストラリアで復活した姿を見せたリアルインパクトなど、相変わらずGⅠで卒なく回ってこれた時の強さを再認識させてくれたディープ産駒。

ただ、この春は2着が多い。トーセンスターダムも勝ち切れなかったし、リアルインパクトも2着があった。
クルミナル、リアルスティール、サトノラーゼン、ヴァンセンヌ…。国内ではミッキークイーンの決め手鋭い末脚を目撃するのみに止まった。
一方で、キングカメハメハの才能あふれる産駒が3勝2着1回だから、物足りなさや種牡馬としての性質の部分で、いい面が出てこなかった季節でもある。

さて、今週末行われる東西中距離重賞は、近3年でそれぞれ2頭の勝ち馬を出しているディープにとっては、待ってましたという舞台であろう。
今年、突如として目覚めた2頭の注目馬がいる。エプソムCには好調池江厩舎から連勝中のサトノアラジンが、マーメイドSにも似たような今季の成績のマリアライトが登場する。
加えて、それぞれ同産駒のライバルが簡単には勝たせてくれなさそうな包囲網を築いており、一層興味深い日曜日となりそうだ。

「決め手をいかす競馬に徹して良くなった」(サトノアラジン陣営)
「前走の脚は成長の証」(マリアライト陣営)
人気を集めての競馬となる以上、相応のアピールをするのは当然のこと。

どうにもフワフワしていた未来の重賞馬の3歳シーズンは、今こうして成長の実感を結果として示すべき段階の4歳春へと繋がったが、果たして。
人気馬にそろそろ逆らいたい気分にはなってきたが。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方