競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

今年も一騎打ちか

読了までの目安時間:約 2分

 

牡牝のGⅠホースが今年も覇を競う。ラキシスv.s.トーホウジャッカル。

ただ、宝塚で対戦済みだからちょっといつもと趣きは違う。
それでも、秋にまたGⅠを勝ちたい思いはどちらも同じ。
ここで1番人気になったら負けても巻き返せるが、そうじゃなかったらもう勝つより道はない。喉から手が出るほどほしい2つ目の勲章は、人気順に決まらないほうが両者に可能性が出るからいいのかもしれないが、前走3着外しの2頭は負けられない。

5馬身先行する古馬オープンのエックスマークを追いかけていくという追い切りを行ったのは、エリザベス女王杯連覇に向け始動するラキシスだ。
終始楽な手応えのままゴール前併入の形は、函館のWコースでも角居流を貫いた証し。
「気持ちの入りも動きも本当によかった」(辻野助手)
前走での増加分はひとまず絞れたようで、仕上がり良好をアピールした。

対するトーホウジャッカル。
僚馬である3歳条件馬・サンビショップを追走する形から、終い11.8秒の脚で交わし去り2馬身差をつけフィニッシュ。
こちらは、スクーリングを兼ねて本番の行われる札幌の芝コースでデモンストレーションを披露した。
加えて、
「息遣いも先週よりはるかにいいし、スイッチが入ったと思う」
と、先週に引き続き追い切りに駆け付けた主戦騎手・酒井学も太鼓判も押す。

その他では、函館記念の上位組はこぞって参戦予定。福島経由馬もいるし、晩春の中央場所の重賞好走馬も強敵だ。
秋競馬の入り口となる一戦は、早速激闘の予感がする。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方