ローブティサージュ牧場戻し

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳女王引退

読了までの目安時間:約 2分

 

過去、大きなレースで脚を傷め、この世を去った名馬は数知れず。

同時に落馬事故による怪我で、騎手として復帰することを断念してしまう人も数年に一度は必ず現れる。

この馬も、またその1頭になってしまうところで、命だけは奪われず、母となる道が残された。

2012年の阪神JFを制したローブティサージュ(牝5・須貝)の引退が、オーナーであるシルクホースクラブのホームページ上で発表された。

先月31日に行われたスワンSにおいて、最後の直線で進路妨害に起因する転倒事故に遭い、騎乗する福永祐一騎手が落馬、骨折などの負傷で今季中の復帰が出来なくなる事態に見舞われながら、運よく、馬の方は大怪我を免れたのだが、陣営は万全の態勢を整えてレースに臨むことは難しいと判断し、競走馬登録の抹消を決断した。

実は、このようなクラブ所有の牝馬は、基本的には、5歳になると翌春の繁殖期までの間に引退させ、繁殖牝馬として牧場に返す規約が定められている場合が多く、このシルクホースクラブもそのルールを適用し、合理的に結論を出した結果が、この時点でのリタイアとなったようである。

昨年の京阪杯では、ゲート入りをゴネた際に発走委員が粗暴にも映るような執拗な長鞭の使用で物議を醸したその当事者でもあるから、この結末に感傷的になってしまう向きもなくはないのだが、福永騎手のリハビリ同様、このローブティサージュの母親になるための準備に必要な時間は、他の馬より長くかかるのかもしれない。

これも何かの縁。ウェディングドレスに紡ぐ夢のデザインは、緻密に練り上げられていくはずだ。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方