ドゥラメンテ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

凱旋門賞です

読了までの目安時間:約 2分

 

日高の生産馬に連日主役の座を奪われてしまった後、ノーザンファーム代表・吉田勝己氏は、勝ちたいレースは何ですか?の問いに対し、素直に「まだ勝っていない凱旋門賞です」と答えるのであった。

東京競馬場の全レース終了後に行われたイベントにおける注目発言は続く。

「会員さんも行きたがっていますので。もう坂を15-15で登ってます」

無粋だとわかっていても、訊かないわけにはいかない「ドゥラメンテ」に関する最新情報。

世界最大規模のクラブ特有の事情もあるのか、出資者への気遣いもまた同時に見て取れた。

大丈夫と言わないわけにはいかない。もちろん、1年越しの夢を叶えるために最大限の努力をしていることも、しっかりとファン、関係者の耳に届く形で伝える義務はある。

拍手。いやいやいや・・・。(笑)

いくら時代が進んでも、生産者にしてオーナークラブの責任者の言葉は、ホームページ上の文字で見るより、直に耳にした方が信頼を持てるということなのか。

だからこその、ファンからのリアクション。

決して大きな話題になることのない、言ったら、もうそんな情報はみんな見聞きしている段階で、あえて、関係者から発せられた言葉から受け取れるものは、競馬場に足を運んだからこそ得られる、ライブ感の喜びそのものではないだろうか。

実質的な凱旋門賞参戦既定路線化の公言は、まだどこかにある、3歳馬の時点での挑戦への心残りを打ち消すために前向きさをアピールする意味がある。

ここでファン支持を得たオーナーサイドが、あの怪物をいかに世界最強馬へと導いていくのか。

こういう聖戦なら、人類皆歓迎だ。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方