2016年クラシック展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

新馬回顧&クラシック展望①

読了までの目安時間:約 3分

 

初日の新馬は、芝2000M戦2つ。2:05.1と、奇しくも同じ時計で決着したが、結果は大違い。
中山は、ほぼ人気順の結果で、レーヴァテインが正攻法の抜け出しで断然の人気に応え快勝。
儚き早熟の血と知られるレーヴドスカーの仔。堀厩舎でそう育っていくだろうか。

一方、京都は⑦-⑩-④の人気で決着。好位抜け出し楽勝のグレイトパール<父キングカメハメハ>と、別次元の末脚で前を捉えにかかった2着のコンパッション<父ジャングルポケット>は、才能は間違いなくあるのだろうけど、クラシック本戦に間に合わせようとしない方が良さそうな古馬重賞向きの武器を秘めるので、成長するまで待ちたい。

暮れの1か月は、毎年クラシック候補の有力馬が必ずデビューしてくるので、ここではその部分を補完しておきたい。
12月の主要レース以外の勝者には、この時期に勝ち上がる馬独特の個性が光っていた。
2勝目を挙げた組で一番は、最終週に2戦2勝とした影の最強馬・サトノダイヤモンドだろう。これにより、重賞馬と同格扱いで本番でどう買うかを考える段階へ入った。

葉牡丹賞で豪脚を披露したメートルダールと新馬戦を快勝したロンドブリッジの孫にあたるサトノマルス。
このサンデー系×ロベルト系の2頭は、年明け緒戦でどういう動きを見せる大注目のシルバーステートと同じ配合パターンだ。

期待されながら、新馬で強敵とぶつかって未勝利戦勝ち上がりとなったウムブルフとアドマイヤダイオウも、まだ脱落には早いので、敗者復活組の最右翼として期待。

ダートの1勝クラスは勝った馬がみんな強かったので、ここは大局的に見て、スマートシャレード、ストロングバローズは今後とも長いお付き合いになりそうだから、強い全日本2歳優駿組とも互角に戦える一番手に挙げる。
あとは、つわぶき賞勝ちのエスティタートに男勝りの活躍も期待して、それと方向性が似ているマレボプールも、例年のクリスマスRS勝ち馬よりは走りそうなのでマークする。

 

コラム レース予想 レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方