2016年 根岸ステークス レース展望

JUST競馬予想ブログ

根岸S -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


九分九厘、道悪。
雪で延期された2レースは、共に、本番のフェブラリーSでも好走したノボトゥルー、ワイルドワンダーが制している。
今年も、その可能性はないと言えなくはない状況だが、2年前のように衝撃的な光景が目撃することはないはずだ。
よって、予報を信じて、もう一例、単に雨が降って重馬場になったフェラーリピサの時の3レースについて共通する、人気上位で前走からか月以上の間隔での出走馬という一点で、非GⅠレースで負けた馬を推すというリスクを軽減してくれそうな条件が揃ったということも味方にして、今回は自信をもってモーニンを推したいと考える。

鮮やかに4連勝。最後の準オープン・秋嶺Sの勝ちっぷりが、あまりにも素晴らしかったので、骨っぽいメンバーの揃った次の武蔵野Sはかなりの支持を集め、1番人気での出走になった。

今回予想されるかなり締まった馬場という状態ではなく、程ほどに時計の出る走りやすい稍重馬場という、文字通りの湿ったくらいの馬場で、GⅠ出走、好走経験をフルに活かした積極策で粘り込みを図るタガノトネールを捉えきれず、最後に飛んできた同期のノンコノユメにまとめて差し切られて3着。

人気になり過ぎていたと言えばそれまでだが、2頭とも武蔵野Sの前後で、GⅠでかなり強い馬を相手に戦って2着と好走していた。
言い訳などいくらでもできる。

加えて、オーナーサイドの意向なのか、たまたまハイレベルの騎手に続けてもらえる状況になかったのかわからないが、今では珍しくないとはいえ、わずか5戦で3騎手が乗っている。
変な話、ジョーカーを引いてしまったのが1度乗って勝っていた川田騎手。
いくら東京1600での騎乗歴があったとはいえ、そこはGⅠの前哨戦。

セカンドテーブルの意外にして、軽快な逃げにリズムが崩された部分は否めない。
全貌のわからない才能に、今回4人目の騎手として、石坂厩舎には縁のある戸崎騎手が乗ることになった。
タガノトネールも川田、戸崎コネクションがあったり、昨年もラブリーデイがそうだったりと、いくら勝利数の多い騎手とはいえ、珍しい繋がりがあるものだ。

結論から言って、ヘニーヒューズが父で、ディストローテッドヒューマーにコジーンが配された母を持つモーニンが、器用に前にいる馬を上手に交わしていくような競馬は得意としないのだろうと思う。
多少無理をしてでも、直線に入る段階では、進路上には馬を置かず、後ろのことなど気にせず、自分のタイミングで動いていくべきだろう。
川田騎手がどうこうではなく、その結果を忖度して、次に活かすには十分なデータが手元に置かれた状況で、よりダート戦における引き出しが多い戸崎騎手が乗るのだから、マイナス面は休み明け以外は考えにくい。

速さを活かしてこそ。
距離短縮ながら、シゲルカガ<縁あって鞍上は藤岡康太騎手>がポンと出てしまえば、あとは、気楽に自分のとりたい位置をとれるような感じがする。
タガノトネールのことも知っているし、最近になって急に自信を獲り戻したレーザーバレットもほぼ主戦としてレースでは乗っていた。
そうなれば、秋嶺Sのあとすぐに準オープンを勝ったプロトコルや、東京1400のスペシャリストである紅一点のアンズチャンが怖い存在となる。

単純で物差しでは測れない能力を感じさせるライバルを連れてくれば、来たるフェブラリーSでも有力馬になれる。
立場上、優先出走権が必要なわけだから、楽勝で権利を得れば、あの馬の三連覇はかなり危うくなるだろう。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方