2014毎日王冠予想

JUST競馬予想ブログ

毎日王冠 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

件の大一番が、またしても失意の内に終了して早1週間。日本競馬界は今度こそはという気概を持って、次なる挑戦の機会を得るべく再スタートを切る。
今週は、開催場所の関係で無事レースが行われそうな南部杯も控えている。
古馬最高の栄誉を賭けたレースの前哨戦。その最重要レースである毎日王冠は、少なからず日本の競馬界における驕りと失念によってもたらされた不幸な結末を反映した結果になると思われる。
当然、このレースの予想に無理くりこじつけた屁理屈である。
日本馬が海外で結果を出している時は、特に人気に推された中で勝利した場合、そのほとんどは正攻法で中団より前目から抜け出す危なげない競馬であった。

何となくではあるが、そんな出来ていたことができていなかったという、至極単純な理由が凱旋門賞不発の原因であることを反映し形で、毎日王冠が決着しそうな気がする。
格たる逃げ馬はいない。

それもあるので、混戦模様の毎日王冠ではグランデッツァを推そうと思う。
陣営は、安田記念のこともあって週末の雨風をやや懸念するコメントを出しているが、恐らく安田記念の馬場と今回予想される中で最悪の馬場とでは、芝の根付きが根本的に違うから比較対象にならないと思われる。
グランデッツァは、春の中山の重馬場でスプリングSを休み明けで制しており、また渋残りの札幌2歳Sも勝っている。
重要なのは、マイペースでいけるか。皐月賞もこれらと似たよう馬場だったが、外々を回らされる展開で、早め先頭の自分の形に持ち込めなかったのが敗因だろう。

そんな心配より、誰に行かせるか?の方が重要だろう。
ロゴタイプなどは、少しゴツさ丸出しで力勝負に持ち込むことからイメージチェンジを図ろうとしているように見える。ダイワファルコンも結局2、3番手が多い馬。
そうなると、騎手のタイプからいって、松岡&ウインマーレライが先手を奪うかもしれない。
そんな感じだから、逃げても大丈夫そうな馬がいいと思った。

函館記念はまずかった。タフな馬場だが、やや落ち着きのないレースでラブイズブーシェの捲りを食らって潰されるようにして負けてしまった。
でも、中間点で1分をやや切るくらいの平坦コースの2000Mでの惨敗は、先行馬としてのプライドが萎えてしまったのではと心配になる。
だから、危ない人気にもなり得る。

ただし、それはここまでの実績がフロックであるかのように思える結果しか残せなかった馬の場合は、確かにそういうことになる。
でも、都大路Sで正直、体調もまだまだ全開ではなかったのに、強烈なレコードを叩き出した才能は、紛れもなく皐月賞1番人気馬のそれに相応しい結果である。分相応。
それが結論。力があるなら、余程ひどいスタートにならない限りは、思い通りにレースを運べる展開になるはずだ。
相手には、前記の先行馬の中からやはりロゴタイプを。次に向けて、今度こそ凡走は許されない。
宝塚組はいない。安田記念好走馬の凡走はないだろう。ワールドエースも消せない。
あとは、今年の重賞好走馬をパラパラと。まあ、ペルーサも一応。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方