2016年 産経大阪杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

産経大阪杯 予想

読了までの目安時間:約 5分

 

今から、来年の産経大阪杯のことを考えると、さすがに、鬼以外にも笑われるかもしれないからやめておくが、例年通り、今年もいいメンバー揃った。

有馬記念組では、3着のキタサンブラック、5着のラブリーデイが登場。
有馬回避、JC優勝以来の今季緒戦のショウナンパンドラに、既に古馬と数回戦って結果も残しているタッチングスピーチもいて、牝馬からも狙える。
無論、その中で最も実績上位のヌーヴォレコルトは、昨春、道悪の中山で皐月賞馬二頭討ちの偉業を成しているから、人気面でも評価されて然るべき状況か。

実績では劣っても、やっぱり共同通信杯組は強力なんだなと思わせた、今年の中山記念好走の一頭・アンビシャスは、GⅢしか勝っていないのに、そんな猛者たちに伍して戦えるだろうという評価を得て、恐らく、一つ叩かれているという面でのアドヴァンテージをかなり大きくとる支持が増えると見込まれる。

これに、イスラボニータや叩き2戦目の中距離巧者・マイネルラクリマの先行力が、買い目のキーホースとして、穴党の支持を受ける立場になるハイレベルマッチ。
故に、この春以降の日本競馬を牽引してくれそうな馬からの順位付けが、即、そのまま本線の狙い目となる競馬だという結論に自然と至る。

レベルの高いレースとは、一体。
正直言って、秋天ーJCは平凡。
ゴールドシップ不発の有馬記念と後の重賞好走馬が多かったエルザべス女王杯がまずまずのレベル。
菊花賞は、特殊条件である上に、道中の流れに乱れがあったレース展開から、絶対的な能力だけで決まったとは言い難い、接戦のゴールということもある。

だから、必然的に上がり目がありそうな馬から買いたいと思うわけなのだが、それは、ライバルがドバイで主役・準主役になって、またしても実績面で水を開けられて人間が勝手に贔屓目で見ているアンビシャスであり、香港C2着でじわりじわり立ち位置が上の方になってきたヌーヴォレコルトらが、能力評価の点では、不自然な部分のない、無難な支持対象馬だ。
それをどうひねるかが、現段階では、GⅠ級の超GⅡ戦たるこのレースの正しい買い方。

前走有馬記念組が、そのレースレベルが近年安定して一定以上のモノをキープしている影響を受け、季節柄、そこから最も無難に仕上げられる前哨戦として、この産経大阪杯を選ぶことで、無難に立ち回って、そこそこの結果を残している傾向にある。
さすがに、秋天からだと間隔が開きすぎるから、実績の面で劣る馬もいるので<単に順調ではなかったという意味もあって>、成功例は少なく、JC組だと、有馬組くらいの信頼度はある。

GⅠ馬3頭、常識的観点なら、人気落ちであれば狙い目か。
が、前年の秋の古馬3連戦いずれかの覇者は、過去10年2着すらない。
20年で見ても、エアグルーヴの1勝だけ。なかなかにひどい。

例年より多い2頭の参戦は、本質的な適性も踏まえてのレース選択ではあるだろうが、人気になってしまっては…。尻込みして当然の記録。
各々、ちょっとコース適性も違うような気もするし、勝たれてしまえばの展開は承知の上で、海外に行こうという意識が自身の能力の発揮に少なからずプラスの影響を与えているだろう前記2頭の方を、今回に関しては上に取りたい。

好きな条件であろうとなかろうと、強い馬ときっちり叩き合いに持ち込んでいることは、大いに評価できる。
ここでは毛色の違うキタサンブラックも、ドゥラメンテさえいなければ、という馬なので、その次に置きたい。
絶妙な好位抜け出しということでは、ラブリーデイ、イスラボニータよりも安定感がある。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方