2016年 牡馬クラシック展望

JUST競馬予想ブログ

牡馬クラシック展望①

読了までの目安時間:約 3分

 

過去10年の皐月賞連対馬について、血統面から解剖していく。
勝ち馬の父を列挙すると、
オペラハウス
ブライアンズタイム
アグネスタキオン
ネオユニヴァース2回
ステイゴールド2回
ローエングリン
フジキセキ
キングカメハメハ

これらに加え、
サドラーズウェルズ
リファール
芝GⅠ馬を出したミスプロ系
トニービン
ノーザンテースト
など、日本だろうがどの国であろうが、芝のレースにおけるトップサイアーのラインを形成するような名血が、彼らの母系で屋台骨を支えている。
平たく言えば、どの馬も血統馬なのだ。

でも、2着馬は結構通好みなところもある。
フジキセキ2回
テンビー
ゴールドアリュール
スペシャルウィーク
マンハッタンカフェ
ディープインパクト2回
シンボリクリスエス
キングカメハメハ

何となく、牝馬寄りの印象があるのは、牝馬三冠馬を共に出した、前ダービーレコード走馬の2頭とオークス好走馬を出したやや一歩それらより劣る位置づけにある2頭の名があるから。
後は少しダート寄りの傾向もあり、しかし、芝の活躍馬も多い種牡馬が並ぶ。

血統だけで評価を下せば、とても分かりやすい傾向と言えよう。
ダービーでヘイロークロスの馬が2度、横山騎手と共に制している不思議より、きれいなその3×4、4×3の入ったヴィクトワールピサ、ロゴタイプが、素晴らしい勝ち方で、名皐月賞馬として記憶される現実的決着の側面を重要視すべきだ。

最近のすんなりした結果には、高速化の影響もあって、力を出し切りやすい条件が整っていることも理由の一つとして挙げられる。
おまけに、クロス馬の2頭は1番人気馬だ。
1番人気はどちらだろうというのはある。
騎手の調子も影響するだろうし、当然馬場状態から、評価も微妙に変化するはず。

一方は、父のクラシック完全制覇の掛かる最後のワンピースを埋める偉業に挑み、後者は、2歳王者として、同父の前年覇者の道を突き進まんとしている。
クロス馬の1番人気馬か、意外と人気にならずに気楽に走れると怖いキングカメハメハ産駒か。
血統表を二つ並べて、ずっと見比べているだけでも、今年の春はただただ楽しいのだ。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方