2016年 宝塚記念レース展望

JUST競馬予想ブログ

宝塚記念 レース展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ドゥラメンテ
前走・ドバイシーマクラシック②

負けたからなんだ。
新馬も初の重賞も負けている。
祖母、母とも、初の重賞は負けていたし、何故か、それは父も同じ。

ダルビッシュ投手や浜中騎手のように、最初はじっくり時間をかけて慣らしていこうという点が同じ。
理屈の上では、あのダービーは圧倒的な能力の証明となったが、それはリセットされたのだから、古馬GⅠ勝者に負けるのは仕方のないところ。
中心馬であると同時に、スケールアップに時間を作れたかをまず確認したい。

アンビシャス
前走・産経大阪杯①

展開は向かなかったが、鞍上が好アシストしてくれた。
うまい騎手に乗ってもらった、下記するもう一頭の好敵手とともに、GⅠを戦うためのスイッチが入ったこの馬も、大いにチャンスのあるレースだ。
経験もスケール感も足らなった秋シーズンとは、どうも勝負強さが増した感じで、理想的な成長曲線を描いている。地味に期待したい日本のフロンティア血統馬である。

キタサンブラック
前走・天皇賞(春)①

能力の単純比較では、週末の主役候補であるリアルスティールにも若干劣るはずなのだが、世界に出ても恥じることのない大きな箔をもっている。
こういう馬は、結局強い。
平成元年以降、前年の菊花賞馬が、有馬記念直行→春天出走のローテでここに出てくると【6000】。
ん?これは、井崎の法則ではないか。(笑)

ラブリーデイ
前走・クイーンエリザベスⅡ世C④

初の国外戦で堂々一番人気での参戦となったが、モレイラ効果は、実質未経験の道悪競馬ではその意味をなさず…。
これで4連敗。今年は、GⅠ馬らしいローテで、連覇を目指しての戦いとなっているわけだが、先行き不透明な経済状況に呼応した、過渡期の戦い方の難しさをここまで示している。
好走はあっても、流石に勝ち切るところまでは、であろう。

安田記念勝ち馬には鬼門のレース。リアルスティールさんは、負けてからお越しください。
あとは、鳴尾記念組のディープ&カメハメハに期待する以外は、ショウナンパンドラ、マリアライト、ヌーヴォレコルトなど、底力型の牝馬が狙い目だが、4歳勢の狙い撃たずとも結果を出せる底力は、ちょっと強力だと思う。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方