2014マイルチャンピオンシップ展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

マイルCS展望

読了までの目安時間:約 2分

 

中距離からの転戦組が、今年も怖いだろうという読みは誰にでも働くはず。
サンレイレーザー。突然の逃げを披露。毎日王冠、ゴール直前まで先頭で僅差の2着。2度目のGⅡ連対。気になる。

グランプリボスなりディフェングチャンピオンなりといった実績馬についても、今年メンバーの揃ったレースで好走しているから軽視禁物。
また3歳勢も侮れない。富士Sには、キングズオブザサンやロサギガンティアが出てきそう。
後者は厩舎の方針なのか、例によって天皇賞との重複登録をしているが、両者うまく立ち回れると意外と決め手を発揮できる。本番向きかも。

さて、サダムパテックやクラレントら中京記念から夏のマイルシリーズに複数回出走していた組は、まずこの時期に使っても出来がいいはずはない。浮き沈みも激しかったが、結局実績に照らし合わせるとフレッシュなら面白いのかな、という評価が無難な落とし所か。
超新星枠では、シェルビーやフルーキーなど関西馬が面白い。高速馬場向き。

また、今年はスプリンターズS組は軽視しない方がいいだろう。
ストレイトガール、レッドオーヴァルなどマイルGⅠに実績のある牝馬はグランプリボスより上位に入った。
あと、そこで惨敗を喫したコパノリチャードは、逃げての敗戦でもないから、基本的にノーカウントでよい。まさか香港に行くなんて、今この時点で明言するはずもないから、出てくれば怖い。
変に立て直しを図ろうとして、叩き台に使うのは賛同しかねる。エイシンヒカリを見ていればよくわかるが、逃げ馬は気分次第なのだ。
いずれにせよ、何が勝ってもおかしくないのは誰にでも想像がつくところだ。

 

コラム レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方