2016年 七夕賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

七夕賞 予想

読了までの目安時間:約 5分

 

今年、少々厄介な要素となっているのが、56以上のハンデの馬がやたらと多いということ。

58 ダコール
57.5 マイネルラクリマ
57 アルバートドック クリールカイザー ナカヤマナイト マーティンボロ
56.5 シャイニープリンス
56 ステラウインド マジェスティハーツ メイショウナルト

豪華というべきか、煮え切らないというべきか。GⅡ連対馬が多数いるにもかかわらず、ダコールの58はもらいすぎの感も否めない。

残りは、
51 メイショウカンパク 4年弱掲示板なし
52 ウインリバティ 昨夏3連勝の牝馬。
53 オリオンザジャパン 一応、ダート馬もマデイラと同じクロフネ×SS
54 バーディーイーグル 前走むらさき賞勝ち
55 ヤマニンボワラクテ ルミナスウォーリア
共に5歳、父はダービー馬で、前者は重賞好走歴あり、後者は2000M連勝中。

理屈の上では、適当なハンデをもらっているように映るが、要するに、ハンデを判断基準とするのは難しいのである。

逃げるだろう候補はいる。
ウインリバティ、クリールカイザー、メイショウナルト。
鞍上はそれぞれ、先行型に乗ると信頼度が増す印象がある。

ローカルの重賞の基本パターンは、まず、ウインリバティが行って、その後に続くだろう2者の位置取りでペースは変化するのだが、クリールカイザーは、実績も故障明けのレース内容もなかなかのものがあるから、無理に押して出ていくことはしないだろう。

好位付けの競馬に妙味のあるマイネルラクリマ、ヤマニンボワラクテの位置との兼ね合いも展開に与える影響も大きいだろうが、前者にいい頃の勢いはない。

少し重すぎる実績馬と、侮ることのできない55・5歳の期待馬。
一定以上の流れと、単純に軽い競馬になることはなさそうな先週の馬場状態から推察、また、中間の雨量を含めたレース展望の概要は、即ち、力を出し切れる馬に向くだろうと読むことができる。

人気の盲点になってくれると有り難いが、3年弱重賞を勝てないでいるマジェスティハーツをここは狙いたい。
ワンターンないし、直線の長い阪神、京都、中京、新潟が彼の主戦場であることは言うまでもない。
福島記念は14年の1:58.1で決着した際に10着。
あとは鳴尾記念の2、5着があるだけ。

神戸新聞杯の2着から、新潟大賞典、関屋記念での惜敗でわかるように、広い馬場一杯に使って大外一気に賭ける戦法に成功例が集中していたこの馬は、前記小回り2000の走破時計が、

1:59.3-1:59.1-1:57.9

と、時計に対する適応力が確実にアップすることを裏付けるように、昨年は、関屋記念2着時に、1分33秒台でしか駆けられなかった馬が1:32.7で走ったから、常識的に考えても、成長の一端が見受けられる。

その状況で、横山典弘騎手を再び配してきた。
鳴尾記念の内容から、あのエプソムCの時のような最初から勝負の型を決め打つことはしないはずだ。

ハーツクライ産駒の印象通りの成長力と、ボストンハーバー、ストームキャット、ファピアノ、キートゥザミントら、アメリカの小回りコースでタフさが求められる競馬で必要な持久力を秘めた母方の名種牡馬たちの影響は、最後は直線の短いコースでの一発というところで収束する血の定めのようなものがあると考える。

◎マジェスティハーツ
○マーティンボロ
▲アルバートドック
☆ルミナルウォーリア
×ヤマニンボワラクテ
注クリールカイザー
以下、△シャイニープリンス、ダコール…

マーティンボロは、長期休養明けからぱっとしないが、兄のフレールジャック、近親のヴィルシーナ、シュヴァルグランなど、小回りでねちっこい競馬が結構得意。
若武者の鮫島克駿騎手には、この経験を早速結果で示す好騎乗を期待したい。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方