2016年 函館記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

函館記念 -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

今週のハンデ重賞・函館記念には、52の洋芝巧者が3頭いる。
一頭が、昨年の七夕賞で衝撃的な3着入線を果たしたマデイラ。
3年前の函館の下級条件戦で、滞在競馬をいいことに、8月いっぱいのロングラン開催で何と7戦もしていた。
その中の1戦がダートの1700戦で、その結果が思わしくなかったから、連闘で芝2000M戦に挑み、3着と好走し、引き続き中京戦を連続2着した記録が残っている。

その後は京都で3勝したような馬なので、平坦コースが合わない理由はない。
あとの2頭は、前走巴賞6着ながら、札幌の1800戦を勝っているケイティープライドと函館1勝のオツウ。

57以上の馬に、昨年覇者のダービーフィズ、満を持して北海道にやってきた印象のあるマンハッタンカフェの近親・トーセンレーヴが、トップハンデ57.5で京都3勝。
マイネルフロスト、レッドレイヴンらも57で、2歳時に函館で勝利している巧者の類。
特に、レッドレイヴンには最後のチャンスとも思える、前走の鮮やかな勝ちっぷりが人気の要因にも繋がることだろう。

注目は54の2頭か。
オープンキャリアの乏しいフェイマスエンド、バイガエシ。
祖父マーベラスサンデー、父シルクフェイマスのように、古馬になって一気に馬が力をつける性質をここまで示しているフェイマスエンドが5歳、前走降級2戦目の洞爺湖特別で覚醒するかのように5馬身差圧勝を決めたバイガエシは4歳。
前者が巴賞ひと叩きで2戦目、後者は洋芝2勝。

55で洋芝でも好走歴のある4頭との組み合わせが、狙いの中心になるだろう。
57以上の4頭は、これまでの実績を評価に反映させたハンデのようにも思える。
だから、軽い馬との絡みで、前進可能な順序を近走の結果とすり合わせてみたら、どう考えても、軸にできるのはレッドレイヴンだけ。

56のマイネルミラノは、昨年は逃げがうまくはまらず、ハイピッチを刻んで8着。平均ペースで押し切りを図ったその次の新潟記念で2着後、それと似たような展開に持ち込んだエプソムCで3着。
流れを考える上で、これとオツウが何となく被る印象があって、うまくハマればという2頭でもあるから、どちらが逃げても、相手をつつくことはしないはずだ。
自分から攻めていく勝負の手を打つ積極的な逃げタイプではない。
スローはないが、仲間がいたら、猛ペースはもっとあり得ない。

前走はパワー勝負での強さが際立ったバイガエシが、ずっと56以上を背負ってここ1年の5走で全く崩れていないから、大いにチャンスありの一戦と考える。
エアシャカール、デジャヴの一族で、今年のクラシックで活躍しているエアスピネルの存在も心強いところ。

前々走の降級初戦となった三木特別は、いくらなんでも勝ち時計と上がりが速すぎて勝ち切れなかったが、きっちり2着。
エアシャカールのように、結構積極的に仕掛けて捲りを決めるのがスタイルだから、その前の全く同じ条件で快勝した蓬莱峡特別の平均ペースでの結果が本来のイメージと合う。

ジャングルポケット産駒だけに、信用に足る結果とはならない。
それでも、洋芝で2勝して、その上がり勝負でも一定以上の成績を残している以上、54というファクターは、突き抜ける可能性を秘める。
近年のハンデ重賞は、なかなか下級条件の馬がオープン馬に勝てないことが多いが、ダイヤモンドS圧勝のトゥインクルがそうであったように、自分の型にはまれば、トゥインクルの場合はステイヤーズS3着の実績、バイガエシだと神戸新聞杯で4着に入った記録も、十分な推し材料となる。
昨年ほどタフではないにしても、力勝負に持ち込みやすい展開になりそうだから、勝機は十分ある。

そのトゥインクルも、実は平坦の中距離戦は得意な印象がある。
仔出しのいいロングスターダムの上の兄妹で、唯一直線坂のあるコースで勝っているのが彼で、あとの4頭は皆直線平坦の競馬でしか勝っていない。
雰囲気は、どことなくキングトップガンとも似ていなくもない。

さすがに、その時よりは時計は速くなる。
中山3勝、洋芝でも2勝したツクバアズマオーは時計こそ大した記録は持っていないが、ステイゴールドにジャイアンツコーズウェイ、シアトルスルー、リイフォーなど、夏向きの血統構成ということもあって、上昇度ならレッドレイヴンとも双璧か。

◎バイガエシ
○ツクバアズマオー
▲トゥインクル
☆マイネルミラノ
×フェイマスエンド
△ダービーフィズ、マイネルフロスト、レッドレイヴン…


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方