2016年 中京記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

中京記念 -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 


信じてみるか、今回もやめるべきか。
重賞実績【0004】、うち1番人気2回の馬が、56でハンデ戦に出てこられることをどう考えるべきなのか。
ダッシングブレイズにとって、ここがベストの舞台なのかについても再考すべき舞台であろう。

末脚勝負に自信のある3歳馬のトウショウドラフタが出てきた。
このレースは、ずっと春の開催であったというだけではなく、マイル戦になった12年から0頭、1頭、1頭、0頭と、ある意味で7月開催になってから函館記念と同様、勝負になるレベルの3歳馬が好き好んで出てくるような舞台ではないのだ。
中京のファルコンS勝ちのトウショウドラフタは、NHKマイルC5着の実績もあり、また左回りで4勝している有力馬。
ただ、ハイレベルのGⅠで掲示板に載った馬の上がり目というのは考えにくい。

しかし、8月開催の札幌記念がそうであるように、タイトな競馬に器用さが求められようとも、力が及ぶだろうことが事前に証明されているのであれば、いくらでも古馬相手に斤量の利を活かして、互角に戦うことは可能なのだ。こちらのハンデは54。

「必ず追い込み馬が来るレース」
前走復活の狼煙を上げた重賞馬・タガノエスプレッソが、騎手の性格もあって再び先行位置につける競馬をしたのなら、できる限りそれを追いかけようとする馬、すっと先手を奪えれば行ってしまってもいいという馬はいるので、それなりのペースにはなるはずだ。
58秒前半までは想定しづらいものの、昨年少し速く感じた中盤の通過ラップが34.7-46.4-58.2と、何も驚くような流れになっていないけれども、追い込みタイプが2頭突っ込んできたので、良馬場予想でも、先週の競馬を見る限り、今年もそれなりの時計を要する差し馬に出番ありの展開が通常の読み方。

故に、人気というか、ハンデ戦で特に取捨が難しくなる展開が合いそうで、かつ人気にもなりそうな2頭は、どうにも切りようがないのである。
レースの歴史が少し好転するという意味合いでの変化を期待して、人気の中心である点と重賞での少しだらしないここまでの戦績には少々目を瞑って、敢えて、ダッシングブレイズの本当の能力が最も引き出される舞台だという一点突破の推理で、中心視したいと考える。

彼のここまでの上がり3Fを見ていくと、
~32.9秒 京王杯SC④
33.0~.4 新馬、甲東特別、紅葉S、リゲルS<いずれも勝利>
33.5秒~ 【1205】

自力で速い上がりに持ち込むことは、殊マイル戦に関しては、なかなか難しいようで、阪神のマイルで3戦3勝、唯一重馬場の競馬で34.4秒の末脚で差し切った記録もそこでのものだから、これまでのダッシングブレイズが得意とした直線勝負での競馬になりやすいこの中京記念は、予測される流れからして、最高の舞台である。

落馬の東京新聞杯は、本来の相棒である浜中騎手の判断ミスというか、末脚に対する過信があった部分も想像される。
ゆっくりエンジンを掛けていくのが合うのは間違いない。
父系がサドラーズウェルズの血を受けるエルプラドを経た変わり種のアメリカ向けの配合の影響もあるのだろうが、本質は、父の母父リアファン<ロベルト系>、母系のオナーアンドグローリー<インテント系>、ミスワキ<長距離型ミスプロ>、ナスクラ<ナスルーラ直系>等、我慢させても味は出ないが、もしも差す形を好むようなら、かなり戦法が限定される不器用な追い込みタイプに育ちそうな血統。

新馬戦でゴールデンバローズ以下を置きざりにしてからというもの、信頼に足るだけの実績を上げることはできなかったが、落馬後のあまり得意ではないだろう速い流れの競馬でも勝ち馬とは0.4秒差のところまで詰めてきている。
成長というよりも、案外打たれ強いところがあるのかもしれない。

父がサドラーズウェルズの血を持つトウショウドラフタやちょっとは決め手が使えるようになったチチカステナンゴ産駒のピークトラムなどを相手中心に、

◎ダッシングブレイズ
○トウショウドラフタ
▲ピークトラム
注スマートオリオン
△タガノエスプレッソ、ダノンリバティ、ダンスアミーガ、マイネルアウラート

といった狙い方で、ここは比較的重点投資の形をとりたい。
53で特段買いやすいわけでもないダンスアミーガは、時計が平凡なレースで混戦だと怖い馬。デュプレシス騎手の乗り方は不明だが、この手の牝馬は、牡馬相手の方が力を出せる場合が多い。



■ 10万馬券がコンスタントに当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。メールアドレスのみの無料登録で午前中のレース指数が永久的に閲覧可能だ。
※以下は午前中の的中例から抜粋。1着~3着入線馬の指数と3連単の的中配当。
※1着馬は指数1位~3位に限定し、買目を絞った。効率の良い買目の絞り方は下記ページ参照。

9/30 中山1R 3位⇒7位⇒1位で  40,590円的中
9/29 阪神6R 3位⇒5位⇒4位で 318,430円的中
9/29 阪神2R 2位⇒4位⇒8位で  35,270円的中
9/17 中山5R 1位⇒4位⇒5位で 111,200円的中
9/17 中山3R 1位⇒8位⇒6位で 268,690円的中
9/17 阪神5R 3位⇒2位⇒1位で  46,230円的中
9/16 阪神6R 3位⇒8位⇒1位で  68,100円的中
9/08 阪神5R 3位⇒6位⇒2位で  45,120円的中
9/02 札幌2R 3位⇒4位⇒1位で  80,030円的中
9/01 新潟6R 2位⇒8位⇒4位で  33,460円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方