2016年 アイビスサマーダッシュ レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

アイビスサマーダッシュ 予想

読了までの目安時間:約 5分

 

特殊な条件とはいえ、特段登録頭数が少なかったわけではないのに、これで3年連続のフルゲート割れ。
3年連続1番人気馬が勝利中で、流石に新潟1000Mだからといって、無茶苦茶な結果が出るわけではないことを知ったファンたちは、ひとまず、正しい軸馬の選定に成功の法則を見出したようだ。

今年で16回目。
即ち、左回りの新コースができてから16年経ったのだ。
それもそのはず。サクラバクシンオー産駒が強いのではなく、ここではともかく、他のコースでは間違いなく先行できる馬から狙うのがセオリー。
当たり前である。
直線だけなのだから、コーナーワークでギアを上げるという策は、当然、しようにもできない。

「イメージ通りの本命馬」
一昨年のセイコーライコウは、人気に応えたとはいえ、あまりこのレースでは人気にならないタイプの差し馬。
しかし、差し損ねる心配は3分の1ほどのファンはしていなかったという評価であった。
何を隠そう、春の新潟の韋駄天Sを勝っていた、非常にわかりやすい軸馬だったのだ。
ハクサンムーンは、前年3歳の時にも挑戦し4着。3勝馬の身で、当時はこのコースに初参戦だった。

ベルカントは、そんな彼らより、実績では同格かそれ以上だった。
が、前走のダート戦でミソをつけた、近走不振の上にCBC賞も出られなかったベルカントを何故ファンは支持したのか。
デムーロ効果も前年とさして代わり映えしないメンバー構成に14頭立てという要素もあっただろうが、どんなに調子が良くても悪くても、この馬は結局前に行けていたのだ。
坂のあるコースでは差して好走したこともあるという点では、アイビスSD勝利の前後はするものの、近年の覇者の共通項なので、ベルカントを負かすには、昨年と少々メンバーは入れ替わったが、より勝負になるメンツが限られる今年のレースレベルからして、優勝圏内にいる馬は、
・ネロ、プリンセスムーン<新潟1000Mに勝利実績のあるオープン馬>
・ローズミラクル<芝では安定している初勝利がダートの馬>
・ブライトチェリー<新潟1000M3勝の準オープン馬>
くらいだろうか。

ベルカントがまた楽勝してしまうと、人気薄になりそうな下記の2頭が絡んでくるかもしれないが、昨年のようにじっくり先頭に立とうというゆとりのある作戦に出てしまうと、春の韋駄天S組が時計も速かったので、十分相手になる可能性はある。
その逆をしても、大きな失態を演じることが想定される。
ネロとプリンセスムーンは、スケール感では物足りないが、人馬とも乗り気でないと勝負にならないことも多いので、実質互角の勝負となりそうだ。

独走のベルカントか、追う者の強みを活かして競り落としにかかる2頭に軍配が上がるか。
ベルカント 55
プリンセスムーン 54
ネロ 56
牝馬の2頭に過酷なことはない斤量でも、ネロは57からの1kg減のアドヴァンテージがある。
ベルカントも意外と超高速のスプリンターではないし、以下も同じく。

◎ネロ
○プリンセスムーン
▲ベルカント

ベルカントは0.5kg減でも、55ではどうも競馬の中身は不安定だ。プリンセスムーンは今回は1kgもらい。
ネロは、昨年の準オープン2勝がこの新潟1000M。
伯母のニシノフラワーも、このレースがあったらきっと出てきたはずだが、ヘネシー×オジジアンという配合の父ヨハネスブルクの極端な性質を示す可能性の一端が、この馬には出ているように感じる。

春のオーシャンSでも期待したのだが、ハクサンムーンがぶっ飛ばしていって前半は32.7秒。
ハイペースは歓迎の口だが、昨春の新潟から始まり、新潟-福島ー小倉ー新潟と5戦続けて連対したような馬なので、そのあとのビッグアーサー圧勝のオパールSでもダシにされるようにして負けてしまったように、前に馬を置いて抜け出す形が合う。
ベルカントとゴリゴリやりあったらジエンドだが、そこは百戦錬磨の両鞍上。
ついていければ勝負になるし、並んでじんわり加速すれば、勝ち目はある。

以下、
注ローズミラクル
△アースソニック、サトノデプロマット、ブライトチェリー

ダートでは先行で来たサトノデプロマットも、善臣騎手が先週の調子で乗れたのなら、かなり健闘する可能性がある。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方