2016年 サマーシリーズ展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

サマーシリーズ展望

読了までの目安時間:約 3分

 

  • スプリント
    一応、候補は出揃った感がある。
    昨年のチャンピオンであるベルカントは、新潟戦を昨年と同タイムで勝っているから、ほぼ抜け出したといっていい。
    函館で僅差の接戦を演じたソルヴェイグとシュウジの場合、この期間を限定したカテゴリーでは必ずしもトップに立つ意味はないのだろうけれど、大きなところを狙うにしても、また来年ここに戻ってくるにしても、レコードタイムを叩き出した価値は絶大だ。
    それに、第一戦目で人気になったアクティブミノル、オメガヴェンデッタ、エイシンブルズアイらは、既に短距離路線で結果を出しているから、勝つことさえできれば、好勝負必至。
    何だか、各々の脚質通りの展開である。
  •  

  • 2000
    先行型のマイネルミラノが今年は勝ち切ったので、メイショウナルトが活躍した一昨年のように、はっきりとしたマークの対象が誕生した。
    七夕賞快勝のアルバートドックとの対戦があるとは思えないが、例年札幌記念優勝のみの馬がチャンピオンになることはないから、小倉記念→新潟記念という黄金ローテで挑戦する馬にもチャンスは残っている。
    小倉記念の登録馬から類推すると、本州組も七夕賞好走馬が新潟直行や、秋のGⅠ前哨戦重視の傾向にあるようなので、例年の傾向に則した後半戦での連続好走が、大きな流れを作る要因になるはずだ。ダコールと小倉記念の上位人気、好走馬の争いだろう。
  •  

  • マイル
    中京記念は、想像以上に外差しバイアスがかかった特殊にして、いつも通りの展開で波乱となったから、正直言って、以後2戦とは今年もリンクしない可能性があり、やはり難解なのも例年通り。
    ポイントは、中京記念の人気馬は左回り巧者が多く、新潟が合っていそうな雰囲気があるのと同じように、ガリバルディ、ピークトラム、ダノンリバティらも、中山よりはるかに関屋記念の広々コースで直線をいっぱいに使った競馬が合う。
    3戦した馬は京成杯AHを勝つしかない。中京記念上位組で関屋記念でも勝ち負けになれば、そのままという感じだ。
    ただし、この先は自力勝負になるから、ピークトラムが勝ち切れれば、すんなりもある。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方