2016年 札幌記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

札幌記念 予想

読了までの目安時間:約 5分

 

 

また馬券との距離感を保つのが難しい条件での競馬となる「モレイラ」のモーリス。
どう乗るかもわからないし、馬がちゃんと反応するかもわからないが、GⅠの前哨戦(今回はそれらしきレース)に出走するのは、実に1年4か月ぶりのこと。

2年間ほとんど前哨戦オールパスで本番ぶっつけを続けたデュランダルを除けば、うまく国内外のレースを組み合わせると今トレンドの事実上の外厩システムを活用した「休ませるが緩めない」という使い方で2年間くらいはGⅠ戦のみ全力投球が可能である芝・ダート中距離路線のトップホース以外、これだけ管理の仕方が多様で、合理性を追求した形で個々に合わせつつ、理想のローテーションを作ることが可能になった時代でも、ウオッカやゴールドシップのように、決まったレースから馬を作り上げていく方法が、この国の競馬番組では最もやりやすい型として認知されているので、完全なるGⅠ4連勝というのは珍しい。

香港にいいレースがあったからではなく、かつてのデュランダルと同様に、先輩が爪に不安を抱えながらの苦心の仕上げの連続であったのと後輩が激走するとどうしても疲れが抜けないというので、それぞれどうにもならない体質面での弱点をローテーションの中に見て取れる部分があり、モーリスはそれに加えて、デビュー当初からかなり気難しい性質が成長というか、学習するということの障害となっていた側面もあったりする。

だから、モーリスは今回ここまでは順調なのだ。
小回りが苦手だから負けるというよりは、走る気にならなくて前を追いかける気にならなかったという感じで力を出し切れない構図は有り得ても、どうにもならないほど引っかかったら、今回は変幻自在のモレイラマジックで強引な形でも押し切れてしまう可能性さえある。
強い馬は何頭かいるが、ヌーヴォレコルト以外に、真っ向で太刀打ちできるような力の持ち主は少し見当たらない。

ただし、勝てる保証まではできない。
タイトなコースでの中距離戦は、正直レースをした感じのない昨春の中山1800・スピカSを出遅れリカバリーすることなく、直線勝負で勝ち切った1戦のみ。
単純に、距離不安を露呈するようなハード面の不安よりは、内在するリスクなどの危険性に伴うソフトの面に潜む自滅型の敗退は想定せねばならない。
故に、買いにくい存在なのである。

小回りで時に大胆な騎乗を見せる吉田隼人騎手を配してきたヌーヴォレコルトも、ここ1年弱は驚くような底力で牡馬をねじ伏せていた若い頃の迫力まではないし、本当は苦手の休み明けなので、思い切りのいい競馬というところを期待するのは酷か。
穴党とすれば、騎乗成績1戦1勝にすがりたい部分もあるだろうが、雨予報に期待するより他ないか。

その雨では、如何せん特殊な札幌の馬場だから、中間も相当量の降雨だったこともあり、付け入る隙はありそうだ。
ルーキーの坂井騎手にチャンスを与えてくれた陣営に敬意を示しつつ、函館のものとはいえ世紀の極悪馬場を勝ったことのあるレッドリヴェール、道悪2勝のロジチャリス、或いは北海道2000Mで1勝3着1回のレッドソロモンが新馬と初勝利の未勝利戦がともに道悪でそれからは中距離で崩れていないので興味深い存在、などといった候補は挙がる。
が、役不足もいいところのモーリスを相手に、普通の競馬をして勝てるようなスケール感まではない。

困ったものだ。
何が逃げるかも不透明な中で、17頭エントリーで出たいと思った馬はみんな出てこられたから、あまり奇を衒った狙い方をしても、見返りは乏しいように感じる。

◎モーリス
○ロジチャリス
▲レッドリヴェール
☆ハギノハイブリッド
注ヌーヴォレコルト
△マイネルフロスト、レインボーライン、レッドソロモン

ハギノハイブリッドに関しては、昨年7着も勝ち馬と0.3秒の差で、今年は好調。フレッシュな方がいいタイプだから、これくらいの相手なら掲示板には載ってくると思われる。
連下は自在性、斤量利、隠れた好素材という意味でこの三者を挙げておく。
皆洋芝実績があり、いかにも時計の速くならないタフな中距離戦に適性を感じる配合というのも魅力。

 

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方