2016年 サマーシリーズ展望

JUST競馬予想ブログ

サマーシリーズ最終戦展望

読了までの目安時間:約 3分

 

まずはマイル路線から。
4歳のヤングマンパワーが、例によって中京記念の非連対馬を連れてくる流れを作り、完調ではなかったマジックタイム以下、ここで格好をつければ後々楽しみの増えただろう面々を完封した。
流れが馬に合っていた、騎手が乗れていたなど好条件がかみ合ったのは間違いないが、中山でも酷斤にはならないだろうから、出てくればほぼチャンピオン確定。
ガリバルディは、そこをヤング回避でチャンスが生じる。
京成杯AHを勝てそうな馬はここまでは出ていなかったように思うし、どちらかに凱歌が上がりそうだ。

スプリントシリーズは、ベルカントが昨年やりたかったローテで3-1-2。
実質、これ以上のパフォーマンスを期待できる馬はいないし、その他のここまでの勝ち馬は穴馬なので、これから逆転が起きるとなると、ベルカントに負けた馬、接戦を演じた馬がセントウルSを勝つということ以外はない。
キーンランド優勝→セントウルS掲示板でシュウジの大逆転優勝という奇跡しか、今のところ思い浮かばない。

モーリス登場で盛り上がった札幌記念は、函館記念6着のネオリアリズムの快勝で、例によって特別枠、サマーシリーズとは連動しないだろうという展望。
マイネルミラノがそこに登録せず、トランスワープのような成功パターンを踏襲する形で、昨年と同じく新潟記念へ参戦する見込み。
小倉記念があまりにも残念なレベルであったから、本州組の代表馬は七夕賞で重賞2勝目を上げたアルバートドックに限られ、非常にわかりやすい対決構図になりそうだ。
戦績はお互いテレンコだが、追う者の強みが活きそうな流れには思う。マイネルが昨年2着でなければ、厳しいマークは想定されなかったのだが…。

騎手はまだ流石に流れが見えないが、まあ、ミルコV.S.戸崎の昨年と似た構図で推移しそうだ。
意外とコンスタントにポイントを重ねているデムーロ騎手と、意外と勝ち負けはっきり分かれる戸崎騎手。
北九州記念2着で、ミルコのやる気がなくなったら、騎手ランキング同様の逆転が必然的に起きるだろう。
今年の戸崎騎手は、自分がイケると思ったときはきっとほとんど負けていないと思う。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方