2016年 凱旋門賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

凱旋門賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ラクレソニエールという、凱旋門賞仕様の3歳牝馬が登場はずだったのだが…。
バゴと同じブラッシンググルーム系の才女は、トレヴやザルカヴァと同じ無敗の地元オークス馬という金看板を引っ提げて、堂々と勝ちに出られる段取りを整えてきた。

高々GⅡ1勝の外国馬・マカヒキは、大いになるリスペクトの向こうに、似たような決め手で勝負できる可能性に、逆転の見込みがある程度だったのが、様相一変。

 
それと同じような勲章を持つ本家ダービーのウイナー・ハーザンドは、あのシーザスターズの産駒。
タブルの親仔制覇に期待をかけるのもいいが、この馬はソフトコンディションを好む馬。
おまけに、愛チャンピオンS大敗後、外傷を負っていることが判明。
日本ほど、GⅠへの執念を燃やすということはないから、出走馬確定後の取り消しも想定内だ。

 
ならば、当地のダービー馬・アルマンゾルは…。
ブリティッシュチャンピオンS参戦がほぼ確定。地元勢の有力馬がいなくなってしまった。

 
今までの日本馬のスタンスとは逆で、本当の敵は、あの大器晩成の鑑・ポストポンドということになる。
エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴルが好走しながらも負けた相手は、皆3歳馬である。
昨年のキングジョージ優勝から、都合6連勝。

鞍上もアッゼニに固定され、大事に使われた甲斐あって、一戦ごとに逞しくなっていった。
日本ほどではないが、ミスプロ系同士の配合で不安はあるものの、父ドバウィの中にはダンシングブレーヴとミルリーフの血が入っている。

 
マカヒキの評価が繰り上がったといった趣だ。
古馬王者に総合力で挑むことは無謀なことであり、未だ重馬場でしか結果を出せていない揉まれ弱い日本馬には、運も必要か。
が、良馬場のシャンティイでは、我々が見慣れている凱旋門賞と違うファクターで、勝負が決する可能性もある。

ロンシャンの時計勝負は苦手としてきたが、終いの坂があるシャンティイは、時計が速くても軽い競馬にはならない。
マカヒキという馬は、ダートもこなせそうな血統ながら、しなやかな走りをする。
今回ばかりは、良馬場で有利となる瞬発力勝負が望ましい。雨では厳しい。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方