2016年 天皇賞(秋)レース展望

JUST競馬予想ブログ

天皇賞(秋)展望

読了までの目安時間:約 3分

 

3歳の才能が一枚欠けて、それでもまだまだ夢の対決の構図に、ファンの失望するメンバー構成になることは考えられない状況。

4歳世代が春の中長距離路線を牛耳るかのように思われていたが、宝塚記念では、エリザベス女王杯優勝以降、名うての古牡馬相手に好走を繰り返していた5歳のマリアライトが、またしても大舞台での勝負強さを見せ、サマー2000シリーズも、4歳1勝に対して5歳2勝と、土俵際から大分盛り返して、一年前の構図に戻りつつある。

その5歳勢。
ゴールドアクター
マリアライト
モーリス
エイシンヒカリ
など、トップ軍団を列挙しただけでも、一応候補に挙がる同期のクラシックホースの影が薄れるほどのタフなメンツが揃いそうだ。

キタサンブラックやリアルスティールが当面のライバルにはあるが、実際のところ、格ではまだ及ばないだろうアンビシャスやミッキークイーンが、4歳の主力級であろう。
国内の主要競走で、一定以上の結果を残し、2000Mに適性を感じさせるここまでのパフォーマンスであった。
が、ミッキークイーンは、エリザベス女王杯を経て、この秋は様子見の気配。
JC狙いで、有馬は余力があればというローテになりそう。

だから、相手になる組もまた5歳ということは想定される。
ネオリアリズム
アデイインザライフ
はもちろんのこと、
ステファノス
イスラボニータ
ら、昨年の好走馬も控える。

いくらかマイル路線にシフトしてきた、この世代の牡馬のトップホースという評価を受けてきたイスラボニータと、途中から牽引者となったモーリスは、本質では似たようなところがある。
彼らのマイル狙いの回避も有り得なくはないし、エイシンも帰国初戦で休み明け。

勝ち馬はこの中に挙げた誰かであろうが、相手もいるという保証はどこにもない。
速いペースで強いのはマイラー。エイシンの好む平均ペースであれば、中距離で今一番強い馬が有利だろう。

スプリンターズSが終わった晩、2年ぶりに日本馬が参戦する凱旋門賞が開催される。
特に、天皇賞とコネクションを成すわけではないが、そこで掲示板に載る馬が現れると、同期が目覚めることがある。
毎日王冠組の3歳馬には気を付けたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方