2016年エリザベス女王杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ

エリザベス女王杯展望

読了までの目安時間:約 3分

 

シンハライト、ショウナンパンドラらは脱落。
ミッキークイーンは、参戦するにしてもぶっつけ。
ルージュバックは、東京の方がいいとわかってしまった以上は…。

「マリアライトさん、よろしくお願いします」
オールカマーを勝っていれば、関東圏の王道路線2戦以上の参戦もあっただろうが、きっちり5着?で、女王杯参戦が既定路線。
宝塚記念を勝ってしまったことが予想外なのである。

4歳の2強に、多士済々の古豪がズラリというメンバー構成で、牝馬が適条件で一発という構図は、ほとんどスイープトウショウと同じ。
だから、きっと勝てるだろうけど…。

京都の2200M戦は、相当なスローにならない限りは、多頭数戦において、レース上がりが33秒台になることは稀。
坂の効果とも非根幹距離による影響とも、どちらも関係しているのだろうが、牝馬の2200Mという影響が大きいのだろう。
2400M位をこなしていないと通用しない、まあ、牝馬のジャパンCみたいなものである。

実績が抜けているがために、1番人気は必至。
その際の【1220】という成績をどう見るかも、2200M以上【4113】で中山除外だと【3100】を活用するのも、ファンの勝手。
切って妙味ありの人気馬ではない。

さて、今では前走下級条件の馬でも通用することのレースだが、ここ2年のオークス連対馬の回避が濃厚の中、距離実績で選べる馬が、近走は冴えないヌーヴォレコルトの強気のBC挑戦でいなくなってしまった。
こういう時は、決まって広い馬場のマイル近辺で強かった馬に出番あり。

コーナー4つの重賞を経験済みで、その手のスピード優先型といえば、近年だけでもダイワスカーレット、リトルアマポーラ、レインボーダリアらが勝っているので侮れない。
距離実績のない重賞馬では、シュンドルボンとスマートレイアーが有力。
つまり、府中牝馬Sの上位人気馬ということになる。

あとは、人気落ちが条件ビッシュがオークスくらい走れたなら、秋華賞不発後、ドイツ血統のイメージ通り、のびのびコースの女王杯での巻き返しは有り得る。
週末の結果如何で、女王杯の混迷度合いは判然としてくるはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方