2016年ジャパンカップ展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

ジャパンC展望

読了までの目安時間:約 3分

 

何はともあれ、まず気になるのはファウンドの参戦のあるなしだ。
血統構成からして、牝馬じゃなかったから、押しても引いてもてこでも動かないようなこのガリレオ産駒は、アーク史上に残る歴史的レコード樹立で、大舞台での惜敗続きにピリオドを打った。

日本のエースたる二冠馬・ドゥラメンテを欠くホームの陣容は、キタサンブラックはまずまず信用できるものの、ダービー惨敗の馬なので、絶対視はできない。
京都大賞典は余裕のある内容で、きっちり勝ち切って見せたが、一度勝負付けの済んだ連中相手の勝利。

「速さで勝てるのは…」
サトノダイヤモンドやディーマジェスティを推すのが筋かもしれない。
菊花賞の内容は、はっきりと明暗が分かれた。
頭まで期待できるサトノダイヤモンドの力強い走りは、きさらぎ賞の勝ちっぷりに等しい迫力があった。
勝負の待機策で着が精いっぱいだろうディーマジェスティは、もしかすると、マカヒキと同じように春の前くらいまで休養もあり得る。
一応、エアスピネルも首の皮一枚繋がったから、出てきたら押さえるべきだろう。

秋天組でもしかすると、馬券圏内の好走で巻き返しが期待できそうなのが、ラブリーデイだろうか。
舌の根も乾かぬうちに、これは前言撤回を意味する有力馬の列挙となるわけだが、忘れられた秋天馬というのはトーセンジョーダンの例があり、ウオッカ、ブエナビスタ<実質連覇>などは秋天連覇挑戦に失敗後のジャパンCで見事に、忘れ物を取り返したことがあった。

しかし、どれも帯に短し襷に長し。ショウナンパンドラもいない状況ながら、頼れるのはまた牝馬か。まさかのヴィブロス、ジュエラーはあるのか。
秋華賞馬は過去4回馬券になっているが、出走していただけでもいいというパターンもある。
エリザベス女王杯組でも、ミッキークイーンは怖い。こちらに出てこられる状態であれば、女王杯で8分の作りでも、絶対に好勝負なっているはずだ。

牝馬の争いとなりそうな予感はある。
秋天が中距離王決定戦という年は、大概、完全別路線組が上位独占である。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方