2016年京王杯2歳S レース展望

JUST競馬予想ブログ

京王杯2歳S 予想

読了までの目安時間:約 3分

 


最近のこのレースは、数年前の年末の2歳王者決定戦を再調整した関係で、デイリー杯との使い分けが発生する状況が生じ、かつ、より短距離志向の馬が集まりやすい状況が整った。
函館と小倉の2歳Sには、早熟性はもちろんのこと、後々も距離延長で大きなところを狙おうという馬は、ほぼ出てこないし、もしかすると今後は少頭数の競馬になってしまう可能性を秘めている。

当地で連勝し、初めての中央場所が東京というのは、一息入った後のレース選択としては苦しい部分もある。
負ける馬は数多かれど、お互いに2戦目の方が鋭い反応であった点からも、掛かったらアウトの側面は見逃せないが、そう簡単に1400M以下で負けるようなヤワな競馬はしないと思われる。

強烈だったレーヌミノルの前走は、後の巻き返し組がほとんどいない組み合わせだったから、単純に1:08.0の勝ちタイムを評価すればいいだろう。
33秒台前半の流れを自らが演出し、4角からはワンサイドゲーム。
勝ち上がった6頭の兄姉のうち、新馬で連を外したのは1頭だけ。
ただ、活躍した部類の入るダイワアセットでも、新馬勝ちから連続連対はしていない。
この馬の連勝が兄妹初めての記録。

豊かなスピードで押し切る魅力もさることながら、マイルチャンピオンシップで強い競馬を2度繰り返したダイワメジャー×タイキシャトルという配合に、他馬に劣らぬ底力が秘められている。
前走は、それが出たのではないのか。
ここをまた快勝すると、後のレース選択が返って狭まってしまうかもしれないが、夏になればもう古馬との戦いが待っている。挑戦権を得るべく、一気に賞金を加算してしまいたい。

◎レーヌミノル
〇コウソクストレート
▲レヴァンテライオン
注モンドキャンノ
△タイセイブレーク、タイムトリップ、ダノンハイパワー、マテラスカイ

くるみ賞の勝者はまず馬券にならないが、先週元気だったメジロの牝系出身で、無傷のコウソクストレートは侮れない。
使っている強みで、連下の組との取り合わせに妙味を感じる。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方