2016年東京スポーツ杯2歳S レース展望

JUST競馬予想ブログ

東京スポーツ杯2歳S 予想

読了までの目安時間:約 3分

 

京都2歳Sが来週行われ、今年に関しては、完全に分割レースと化した印象もある。
10頭立てはさすがに少ない。

トラストはすでに重賞を勝っている。
東京遠征に価値を見出したいという目論見が透ける陣営の狙いは、特段、勝ちにいくべきレースという位置づけではない印象。
狙いが長距離輸送というならば、地方馬には過酷な北海道1か月遠征の経験は、すでに満額回答でクリアしている。
おまけに、外差し傾向を意識した逃げたくなさそうな一種のかましも仕掛けてきた。

要するに、差し馬であるオーバースペック、キングズラッシュ、ブレスジャーニーなどオープン馬や、人気では彼らを上回るかもしれないスワーヴリチャードムーヴザワールドなど、期待の関西勢を牽制したことは明白なのだ。

穴なら面白そうなジュンヴァリアスも含め、候補は意外と多い。
が、雨が降ってもブレが少なさそうな馬となると、本来東京スポーツ杯に向いていそうな将来性に見込みのある次も狙いたい良血馬から狙うのが筋だろう。
だから、シンプルな買い目となった。

◎ムーヴザワールド
○トラスト
▲オーバースペック
☆スワーヴリチャード
△ブレスジャーニー、キングズラッシュ、ジュンヴァアス

差しに出ようとも、結局はマークの対象になるだろうトラストを、新馬戦から良血馬相手にびっしり叩き合ったムーヴザワールドが自然に仕掛ける形で外から伸びてきて、際どく追い詰める図が基本形。
この頭数だから、2歳馬でも自分のやりたいようにポジショニングをとれるから、ルメール騎手がよほどのヘマをしない限りは、上位争いは必至。
どう考えても直線が長い方が合う血統で、消耗戦は姉タッチングスピーチも得意。
絞れても500kg前後は間違いないこの馬が、パワーでそれに劣ることは考えにくい。

同等に面白いのがオーバースペック。
福島1800で使った脚を、新潟のマイルでも繰り出せたならば、もう2歳同士なら何でも来いだ。
ハイペースに向く感じでもなく、混戦になればなるほど強烈な決め手が活きる。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方