2016年京都2歳S レース展望

JUST競馬予想ブログ

京都2歳S 予想

読了までの目安時間:約 3分

 


有力とされるヴァナヘイムは、浜中騎手からシュタルケ騎手に乗り替わり。
それを萩Sで完封したプラチナヴォイスと、同じく3戦2勝のアダムバローズにそれはなし。

新馬戦でワンダープチュックに跨り、勝利した武豊騎手に再び手が戻ったのに対し、その他は継続騎乗が多い。

よって、敢えて策を変更する可能性もあるから、先行できる可能性を示しているアダム、ワンダー以外にも、スローは見え見えで、予断を以って対応する必要がある。

実力というか、前走の内容を押しなべて評価すると、京都1800Mで連勝しているプラチナヴォイスは、かなりの有力馬である。
時計が3秒以上違うのに、上がりで使った脚は0.4秒の差だから、もはや展開不問。
しかし、ディープの一族だけに、小回り2戦完敗のこの馬の取捨は案外難しい。

ならばヴァナヘイム再評価が筋だろうが、よく言われる2、3戦目が一番難しいとされる2歳馬の傾向から、名手シュタルケでも怖いといえば怖い。
これも母父はディープインパクト。

重賞になってから、ディープインパクト産駒に縁はなく、現に今年もカデナだけ。
ハーツクライとハービンジャーの仔が勝っているくらいだから、ちょっと重そうな配合のベストアプローチでも足りる可能性は十分にある。

京都2000Mの新馬を勝って、ここでも人気になっていたロライマと同じキングカメハメハ産駒のヴァナヘイムだが、3戦目以降は案外、大レース以外は安心して見ていられるケースが多いエアグルーヴの一族だから、叩けば動きも良くなく傾向も加味して、今度は本命でも問題ないと思う。
だから、相手が重要という意味で、2000M以上の精神力の問われるスローペース向きの欧州配合馬(ベストアプローチ)にチャンスはあると考え、これを対抗。

◎ヴァナヘイム
○ベストアプローチ
▲ダノンディスタンス
注プラチナヴォイス
以下全て、みんな馬券に絡みそうだが、消すなら変に1800Mで強かった馬か。
阪神勝ちのカデナは押さえるが、平坦で差し切りの馬はあまり惹かれない。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方