2014チャンピオンズC

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

チャンピオンズC展望

読了までの目安時間:約 2分

 

米二冠馬カリフォルニアクロームが、ボーナス狙いで参戦するかもという噂もあったが、4歳のGⅡ馬インペラティヴのみ参戦することとなった。

この一週間で、レースの狙い目は単純化した。
「対コパノリッキーの思惑」
ファンの立場から、また関係者の立ち位置から見て、新チャンピオンの中間調整の内容が展開予想の主軸となることは間違いない。
反動やマークの仕方、或いは馬場適性の読みは、リッキーを中心に考えるべきだろう。

史上初左回りで急坂コースのタフマッチなのだが、基本的にはレースの破綻を起こす要素というのは、実績馬の凡走以外には考えられない。レース予想の軸も、当然コパノリッキーとなる。

盛岡の時のような先行策をとったとして、前身のJCダート時代から続くJBC勝ち馬敗退の歴史に学べば、50-50という見立てが妥当か。
両面作戦の平穏パターンで読んでいくと、場合によっては、JBC惜敗組が何頭か回避して、中央前哨戦組の台頭でのヒモ荒れが狙い目か。先行策がパターンの馬だから、普通なら差し馬が来るだろう。
クリソライトとインカンテーションが対抗株の筆頭。若くて実績もあるから、ガチガチ決着もある。

波乱のパターンなら、自滅は暴走。これなら、どんな馬でもチャンスあり。タフな展開でのホッコータルマエは怖い。
競り落とされる展開なら、前記の人気上位予想の2頭と人気落ちだろうクリノスターオー辺りに出番があるか。
下剋上なら、叩き一変に期待のカゼノコ。今回も賞金面で怪しいが、古馬路線とは構造が違うから、ノーカウントもできる。

ひとまず、1か月間のコパノリッキーの動静を見守りたい。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方