2016年金鯱賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ

金鯱賞 予想

読了までの目安時間:約 3分

 


実績馬多数も、半数は休み明けで…。
3年前も確かそうだった。
そして、休み明け3着だったウインバリアシオンは有馬記念2着に入って、ちょっとの間だけ生き返った。

トーホウジャッカル然り、リアファル然りである。
デニムアンドルビーは、金子オーナーでなければここまで現役続行はなかっただろうが、何かまだ心残りがあるのだろうか。いや、その逆か。
やり残したことが多すぎて、ちょっとの期間現役復帰となったのだろう。

シュミノー騎手の日本への適性は未知数ながら、今年重賞2勝のサトノノブレス騎乗で無視はできない。
が、この秋は持続してやる気を見せているデムーロ騎手は、新潟で乗り味を知ったヴォルシェーブで再度の重賞制覇を目指すので要注目。

東のレースが九分九厘ムーア&アルバートの競馬になるから、こちらで穴の期待をしてみたのだが、むしろ、穴ならヒモが何でもありのステイヤーズSの方だろうと思い、点数が結果抑えられる方に勝負の主眼を置くこととした。

前述の通り、ある意味では残念だが、外国人騎手がいい馬に乗っているので、ここは信用するしかないだろう。

◎ヴォルシェーブ
○サトノノブレス
▲ヤマカツエース
注トーホウジャッカル
△スズカデヴィアス、デニムアンドルビー、ムスカテール、リアファル

長期休養明けにここで2着してから、まずまずとんとん拍子でオープン入りしたヴォルシェーブは、ディープの一族なので2000Mは合っているだろう。
妙に気になる今度はスズカデヴィアスか…、の横山騎手騎乗はどう出るかわからないが、リアファルはほぼ1年ぶりで外国人騎手。
これが行かないなら、マイネルラクリマか。
人気を集めそうな2頭は、時計がある。逆転があるならば、昨年この時期がベストの状態にあったヤマカツエースだろう。

ちょっと気になるのが、中京の馬場状態。
芝の根付きに不安があるという意味ではなく、調整の仕方によっては、いかようにも馬場の質を変えられることがちょっと問題なのだ。
ましてや、来年から主要GⅠの正式な前哨戦になる金鯱賞が開催の初日である。
時計が掛かれば、もっと古馬までも良かったのだが、これが読めないのは悩ましい。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方