2016年ターコイズS レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

ターコイズS 予想

読了までの目安時間:約 3分

 

53で買えそうなのはマイネグレヴィルとウインファビラスくらい。
広い馬場でキレるファピアノ系は、中山マイルなど鬼門に決まっているので、連勝中のエテルナミノルは軽視。

あとはもう実績上位馬から当たるしかない。
ローテを見たら56.5で逃げるしかなさそうなレッツゴードンキも候補だが、54の3歳娘が3頭ほど先行力で勝負できるタイプだから、昨年と同じ流れになれば、みんな粘り込めるかもしれない。

しかし、後に注目されることになったシングウィズジョイのようなパターンは、そう毎年は出現しない。
56でGⅠでもまずまず走っていたウキヨノカゼとマジックタイムが狙い目だが、理念上同斤も54ならかなり有利に戦えるアットザシーサイドの安定した戦績は魅力を感じる。
まるで安定して走れない同父のエンジェルフェイスとは違い、器用さが迫力を欠くゴールシーンに繋がるのか、オークス以外で5-2-3-5-3というオープン成績。

差したところで味が出ないから、ローズSは道悪・スローの展開で、先行するも最後はクロコスミアにも置いて行かれ、5着まで。
前走は一変、石川騎手と後方一気を目論むも3着まで。

こういうタイプは、決め手勝負ではない舞台で、スローでも単純なキレ味は求められない今回の条件で一変する可能性がある。
逃げる必要はないから、今まで通りに中団あたりから自分のペースで動いていければ、桜花賞くらいのパフォーマンスは再現可能。
これがスローからの追い比べでスケール負けの3着。
十分に勝負になる。

◎アットザシーサイド
○エンジェルフェイス
▲カフェブリリアント
注ウキヨノカゼ
ウリウリ、クロコスミア、ビービーバーレル、マジックタイム

ワンペースの嫌いがあるエンジェルフェイスは、今の北村騎手なら先行ポジションに拘っても不思議なし。
猛ペースはなさそうだから、カフェブリリアントも気になる存在。消耗戦なら、牡馬を負かしている組が一気に台頭だろう。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方