2016年 有馬記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

有馬記念 予想

読了までの目安時間:約 6分

 

奇跡を呼ぶ男・武豊が、期待通りに1枠1番を自らの選択によって、見事引き当てた。
怪しいな。(笑)

けたけた笑っているのは、鬼だけではない。
これまで3度の公開抽選会で、最初の年だけ、抽選は馬のみで、自らが望む枠に入ったジェンティルドンナが、4番枠から望外のスローで好位抜け出しで快勝したことは記憶に新しい。

後半まで1枠の2つが残っていて、競馬が上手な2頭が結局そこに入った。
笑えるのはそれだけではない。
笑われることなど、今は屁とも思わないだろう里見軍団は、実は近年よく馬券に絡む真ん中より少し外の6番枠をジャック。
展開も枠も無視して勝ち続けるこの陣営にとって、ファンの嘲笑など、むしろ歓迎なほどの勢いである。
実は、こちらの方が有利なのではないだろうか。
ジャパンCとは違い、今回はその気になれば行き切れる馬が穴馬にいる。

それがある意味普通の読みなら、武豊・宝塚アゲインの強烈な消耗戦に持ち込んだ際の、極めて重厚な有馬記念のマッチアップが、穴狙いのツボだろうか。
そうでなくても、十二分にミドル以上の流れになる確率が高いメンバー構成だから、少なくとも、逃げることはやぶさかではないものの、ゴールドアクターのために逃げさせられた昨年のような展開は、今回は考えづらい。

◎ミッキークイーン
○キタサンブラック
▲シュヴァルグラン
☆サトノダイヤモンド
注ゴールドアクター
これら全て、2400M以上のGⅠでの勝利実績があるか、2500M以上の重賞を2勝以上している、ありていに言えばステイヤータイプの人気上位馬である。

最近の有馬記念は、スローになると極端に遅く、逆に、淀みない流れになるとトータルの時計は必ずしも速くはならないが、ステイヤーの絶対数が少ないから、極端な追い込み決着になるケースが多い。
スローで前残りは多くても、それはコーナー6つだから仕方ないわけで、実は、そういうケースの方がまともに決まったりする。

しかし、今回は前述のメンバー構成でもあるし、ここに挙げた5頭全て、今年のGⅠ好走歴がある。
では、何故ミッキークイーンなのか、という話なのだ。

昨年はスロー頻発で、有馬記念も結局、皆の見立て通りにスロー。
有馬記念は昔から、いいメンバーの割に力勝負になるとは限らないということで、王者を決めるというより、実力馬の余力を問われる競馬となりやすいとされてきた。
オグリキャップなどは、実に分かりやすい馬である。
秋にGⅠを勝った時は敗れ、強い馬に屈服させられた年ほど有馬記念で燃えた。

一番強くなくてもいいが、一番活力が残っている、漲っている馬がいい。
ゴールドアクター、ミッキークイーン、シュヴァルグランは、かなりの有力である。
体重を絞らなければならないゴールドアクター。
牡馬混合GⅠでは辛い経験しかないミッキークイーン。
少し競馬が豪快すぎて、小回り適性に疑問のシュヴァルグラン。

サトノダイヤモンドとキタサンブラックが力を出し切れそうな枠に入っている以上、彼らの評価はそれより下でなければならないが、何故だかよくわからないが、有馬を勝つ馬はだいたいが秋にGⅠを2戦しているか、初挑戦の3歳馬ばかりだから、有力馬はGⅠ1度きりという今年のローテは、ある意味で、横一線の可能性を示しているのではないか。

4勝中2勝は、阪神、京都の2000Mというミッキークイーンは、牝馬らしからぬ渋とい伸びで、出遅れ何のそのというレースもあれば、秋華賞のように素晴らしい中団からの抜け出しで勝ち切ってしまう、案外、勝ち切れる条件の狭い馬である。

しかし、東京2400M専門と思われていたジェンティルドンナでも、最後にはトリッキーコースをこなしてしまった。
この馬は、阪神牝馬Sでルメール騎手がちょっと乗れていなかった週とはいえ、スパートのタイミングを待っても終いはキレるし、秋華賞のように成功で人気に応えようとしてもしっかり抜け出してこられる器用さがある。

ズブいといっても、マリアライトだって条件が重なれば、パワー勝負で4歳牡馬を負かせるのがグランプリであり、エンジンの掛かりは、牝馬の方がいいに決まっている。
去年も牝馬<ルージュバック10着>で痛い目に遭って懲りないのは、ある種の変態的趣向の一端なのかもしれないが、好き好んで人気馬を本命にするべきレースでもない。

本当にいいキレを持っているのは、瞬間的な決め手で2着を拾うことの多いサウンズオブアースとデニムアンドルビーくらいなもの。
総合力勝負で買うべきは、本格派の中長距離型だろう。
連下は、ヤマカツエース、サウンズオブアース、マリアライト。
スローのヤマカツ、消耗戦のマリア、前に強い馬がいる時のサウンズと、キャラは決まっているが、これが3着の争いに加わると想定した場合、順序をつけるのに苦慮させられる。
不可抗力による台頭を期待した、本当の補欠という評価にここは止めたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方