2017年中山金杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

中山金杯 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

マイネルハニーが、東西金杯両方に登録していて、その動向が気になっていたのだが、どうやらこちらに出る気はあまりなかったように思う。
メンバーが揃った京都とは違い、手薄で重賞格という箔をつけるに簡単な条件が整った中山は、どう転んだところで、前走の内容が素晴らしかったツクバアズマオーと目下3連勝中の4歳馬・ストロングタイタンのどちらを中心視するかという、単純明快な選択するレースになった。

どっちが強いのか。
キャリアの差が中山の内回りコースの重賞で、かつハンデ戦という不可抗力がいかにようにも発生する条件である以外、ハンデとレース内容を見る限りにおいて、断然ストロングタイタン有利の構図ではある。
だから、マイネルハニーのようなわかりやすい先行型がいないことも、一種の波乱要因にはあり得るのだろうが、一応、逃げることに一定の自信を持っているように感じるダノンメジャーがいる。

有馬記念もそうだったが、その気になれば、マイル、1800M得意の馬が中山内回りコースのようなややこしい展開も推測される条件で、しっかりとした先行する意思を見せたのなら、中長距離で戦ってきた面々では早々に追いかけられなくなる。

それによってもたらされる作用は、その条件における適性であり、総合力が引き出されやすいといった効果。
たとえ、自分のポジションを守っての安全走行を選んだところで、勝負どころの駆け引きは活発化しやすくなるので、有馬記念で言えばサトノノブレスであり、今回だと前回自分の競馬をできなかったマイネルフロストなどが、積極的に動く展開が予想される。

ここまでは無難な立ち回りで、ほぼ順調に勝ち星を重ねてきたストロングタイタンにとって、僚馬のサトノダイヤモンドと同じく、勝手に自分の流れにしてくれる可能性は大いにあるのだ。
少々消極的な乗り方をしたところで、数字に出る緩い流れのイメージとは相反して、上がり馬には実にありがたいアシストをしてくれる馬は、田辺騎手のクラリティスカイの可能性もある。

◎ストロングタイタン
○ドレッドノータス
▲クラリティスカイ
注ダノンメジャー
マイネルフロスト、カムフィー、ツクバアズマオー

トミケンスラーヴァが前回のように逃げてくれれば、51というハンディもあってそれなりの流れも考えられなくもないが、長岡騎手にその意思があるかどうかまでは何とも言えない。
アメリカンな平坦向きの配合のストロングタイタンは、ここまでは正攻法を好む川田騎手のイメージに合った競馬を続けてきたが、速いと思って下げると、きっとフォーティナイナー系の怪しい性質が出てしまうだろう。
流れなくても好位、流れてもブレずに先行ポジションで。

本当はもう少し長いところを狙いたいはずのツクバアズマオーより、南米血統やダート血統の方が狙い目とみて、穴っぽいところを次点に挙げたが、正直言って、怪しい馬ばかり。
相手がどう狂うかを、ある程度読んでみたのだが、徒労に終わる可能性も…。
55の重賞馬と57.5のGⅠ馬。この根拠に縋るしかない。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方