2017年東海S レース展望

JUST競馬予想ブログ

東海S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

ラストインパクトは気になるが…。
基本的には、GⅠ好走歴のある実績上位の馬に有利な結果が続いている。
昨年乗り損ねたロワジャルダンに、すっかり大人しくなってしまった浜中騎手が騎乗する。
因縁深きカネヒキリの産駒・ミツバを自在の馬にチューンアップした横山騎手は、それが出られないということもあって本命候補のグレンツェントに。

アスカノロマンもピオネロもいて、かなり内容の濃い一戦となりそうだが、ここは敢えて、完全に古株扱いされそうなメンバー構成で気楽に挑めるインカンテーションを狙いたい。

2年前のフェブラリーS2着という実績は、勢いのある6歳以下の人気馬にすれば、然してプレッシャーになる相手とは映らないが、やけにいいメンバーとなったその次走にあたる平安S楽勝に、ここでの狙い目の伏線があるように感じる。
やや覇気を失ったアジアエクスプレスや先行すれば渋といクリノスターオーらを尻目に、人気の盲点になって4番人気での出走となったインカンテーションは、マイペースからの逃げ切りを決めたのである。

前走のみやこSは、ペースはともかく、何だか先行勢がリズムよく走れなかったので、休み明けでアポロケンタッキーと1秒以内なら、再調整後のここで一変の芽は大いにある。
もうずっと昔の話になるが、3歳の時に貴重な3勝目を挙げた際とその前回の一戦に騎乗したのが藤岡康太騎手。
人気薄に乗って大穴というタイプに止まる印象からはもう脱却したいところだが、前走でのそういう乗り方は、継続騎乗でこそ活かされるはずだ。
いつものように大胆に行きたい。

◎インカンテーション
○ラストインパクト
▲グレンツェント
注ピオネロ
△アスカノロマン、モズライジン、ロワジャルダン、ロンドンタウン

先行型は多いけれど、押していかないとハナに立てない馬ばかり。
また、グレンツェントはいつも遅れて突っ込んでくるから、すごい決め手も自在性もないとなると、本命というよりその次の評価が妥当だろう。
インカンテーションが自分から動いていければ、かなり面白い展開が待っているはずだ。
7歳馬のワンツーへの期待にあらず。底力を重視したまでだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方