2017年フェブラリーステークス展望

JUST競馬予想ブログ

フェブラリーS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ドバイ遠征に加えて、勝ち馬の薬物使用に関する厩舎サイドの粗相があって、東京大賞典上位組がこちらに回る可能性がなくなりつつある。
サウンドトゥルーに負かされた馬がいいのか、アウォーディーと肉薄した馬がいいのか。
GⅠではここまで順番が回ってこなかった組にも、一定の敬意を持って迎え入れる心の余裕が、こちらにも必要かもしれない。

コパノリッキーやサウンドトゥルーがどういう形で参戦してこようとも、頭まで期待することは難しい。
見せ場を作りながらも、若手に引導を渡されるという構図が、フェブラリーSの伝統となってきたから、
ノンコノユメ
モーニン
という、分かっているけど評価しづらいなあと思ってしまうような、2000Mでは迫力不足のメンツに再注目すべきだろう。

前者は1年半近く勝ち星がなく、後者はそもそも選択してきたレースが問題ありという印象のよくない昨年の主役たちは、かなり適性が似通っているようにも感じる。
スピード決着歓迎の両者に、秋の出走レースで出番がありそうな場面は少なかった。
自然とレース間隔の開くローテーションに、昨年並みの可能性を求めることは無理筋ではないはずだ。

ゴールドドリーム
グレンツェント
昨年のワンツー組は、脚質が極端に違ったが、今年の2頭は無難な立ち回りができる。
前走が、デムーロ騎手のやや強引な出遅れからの巻き返しで失速のゴールドドリームは、その昔は未来のフェブラリーS優勝馬と内々定くらいはもらえたユニコーンSの覇者。
距離に融通の利くグレンツェントより、この条件での適性は上位だろう。

賞金を加算しておきたかったグレンツェントは、スローペースからの直線勝負で苦しい競馬を強いられながら、きっちり優先出走権を得る勝利を東海Sで挙げた。
かなり骨っぽい相手に、一頭だけ好走した人気馬ということで、今まで以上に高い評価を与えておきたい。
1800向きなのは間違いないから、厳しい流れになることが好走条件になりそうだ。

根岸Sは混戦模様。
速い馬にはコネが生じやすいが、今年は差しが決まりそうなので…。
ハイペース前残りは、出走すれば特注だ。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方