2017年シルクロードステークス レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

シルクロードS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

ノリノリの先行馬にはあまりに気になるハンディではないのかもしれないが、所詮脇役、などと昨夏にネロをこき下ろしてしまった手前、展開有利というだけで本命にはしづらい事情もあり、他を当たってみることにした。

◎ブラヴィッシモ
○ダンスディレクター
▲ブランボヌール
△ネロ、セイウンコウセイ、セカンドテーブル、ソルヴェイグ

昨年圧勝のダンスディレクターは、阪神Cに引き続き、武豊騎手が継続して騎乗する。
その武騎手が色々な条件に対応して、無難な先行勢を捉える好位からの競馬をしながら、最後は伸びきれずの4着だったから、前年の2着時の勢いまでは戻っていないと判断し、差しても2着が多い特性があって対抗評価。

それに対し、阪急杯3着以外に主な重賞実績のないブラヴィッシモは、この中では真ん中くらいの評価が妥当。
その唯一の重賞好走実績を評価の対象としているわけだが、このミッキーアイルがコースレコード級の走りを見せた阪急杯3着の結果を、ここでも軽視するというのは危険に思える。

テン乗りの松山騎手が絶妙のペースでミッキーアイルの力を出し切った際、先行勢で唯一、最後まで追い詰めていったのがこのブラヴィッシモ。
準オープンまで4勝を挙げただけの4歳馬は、格の高いレースにばかり挑むと、大体は降級してしまう。
降級2戦目で勝ち上がり、今度は適鞍に挑むも、15、7着では評価落ち必至。
しかし、前走の京阪杯はネロが逃げ切ったレース。そこで後方待機策を選択したので(これまでは何度か成功している策)、度外視はできるだろう。

問題は、全ての脚質で勝利したことのあるこの馬を、フォーリー騎手がどう乗り捌くか。
押して出ていくと終いがアラアラになってしまうという先入観だけで、ちょっと下げての追走を選択するタイプではないし、ネロというわかりやすい目標がいる。
ソルヴェイグ&デムーロが強気に行ってくれると、阪急杯並みの底力勝負になるのだが、恐らく得意だろう小回りコースでどこまでやれるか、今後の大成に向けても重要な一戦となる。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方