2017年根岸ステークス レース展望

JUST競馬予想ブログ

根岸S -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


そろそろじゃないか。ずっとそう思って、波乱の決着となる重賞という予想を立ててきたが、有馬記念が異常なほど堅い決着になってからというもの、年が明けてからの中央重賞は1、1、2、3、1、1、1、1、2着と1番人気が全て馬券に絡んでいる。
堅い結果だけではないから、ちょっと相手が抜けてしまったなあという本命党の声は聞かれても、穴党が喜んでいる姿を見るシーンはここまではない。

いいメンバーの重賞というのは、今年ひと開催終わって数度あったが、このレースもそれに加えられることだろう。
GⅠ馬が3頭いて、昨年の重賞勝ち馬も数多く出走してきた。
それに加えて、オープン実績は乏しいものの人気になりそうな馬もちらほら窺える。
エイシンバッケン、カフジテイク、ブルミラコロ、ベストマッチョ、ラストダンサー。
近走連勝した記録を持っている馬が多く、下からの突き上げはかなりのものがある。
実績に囚われない方がいいのかどうか。

昨年のモーニンを筆頭に、ここで初重賞制覇を果たして、そのままGⅠ馬になっていった馬もいるが、得てして、芝、ダート問わず、短距離カテゴリーの細分化された中で距離別のスペシャリストがその路線を牛耳るというのが、今の潮流だ。
ミッキーアイルが1200~1600まで満遍なくムラの少ない走りをしているケースは非常に稀で、モーリスがそうであったように、距離を延ばして成功する例の方が自然な形なのだ。

ここには3頭のGⅠ馬がいると前記したが、うち2頭は、マイルのタイトルを持つ古豪の牡馬だ。
もう一頭が、15年のJBCスプリントを逃げ切ったコーリンベリー。
1600、1800にも出走経験はあるが、合わせて【0104】という芳しくない戦績で、生粋の短距離型である。
計5勝ながら、右回りの道悪競馬に適性があって…。
今回は良馬場の左回り。

それでも、距離実績の着外4回は全てGⅠであるということでも言えるのだが、この点にもちょっとしたパラドックスのようなものがある。
右回りに圧倒的な適性があることは間違いないし、直線が長いコースばかりの左回りでは逃げ馬には辛いわけだが、南関東の左回りコースでは馬場に関係なく大負けしているのに、中京では楽なペースとはいえ、2回連対しているのだ。

もう少し若い頃であれば、適性の部分に着目した推理というのも合理的なような気もするが、徹底先行型モンドクラッセはマイル未満の距離に出ること自体が初めてで、この馬は平均よりちょっと速いペースだと潰れやすい傾向を考えると、ノボバカラも謎の乗り替わり(それも結構調子が戻ってきた内田博騎手からのスイッチ)があるから、ラブバレットの果敢な攻めの競馬以外、終始コーリンベリーと長らくコンビを組む松山騎手がリードする展開になるはずだ。

毎年ペースが緩みやすいレースなので、ちょっと行く気を見せたくらいでは、猛ペースにはならないだろう。
いいところまで粘ってくれる…、いや、かなりのところまで粘り込めると思う。

◎コーリンベリー
○ノボバカラ
▲ベストマッチョ
注エイシンバッケン
△キングズガード、カフジテイク、ニシケンモノノフ、ラストダンサー

妙に差し馬人気になりそうな気がするので、こういう組み立てとしたが、活きのいい若手の末脚には期待が持てそうだ。
しかし、モーニンと似たような脚質のベストマッチョは、休み明けという以外全く底を見せていないレース内容だから、先行粘り込みを予想している以上、軽視はできない。
加えて、カペラS組もタフで頼もしい。着順というかその時の人気順に重い印を打ったが、34秒台の前半流れになれば、当時のオッズの順に決まっていた可能性がある。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方