2017年共同通信杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ

共同通信杯 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

3重賞で一番ややこしい結果が出そうなのが、ここ数年、クラシック前の最重要戦となっている共同通信杯である。
速いペースは今週も望み薄で、有力であればあるほど、後ろから勝負したいタイプ。
件の東京新聞杯に懲りて、弟のエアウィンザーを今週駆る武豊騎手が、上手に競馬をしたのに負けそうになった相手・ムーヴザワールドをどう負かすかなどと、目先の勝利を狙う賞金加算はしてこないように思われる。

行くなら、石川、田辺らの積極策を好む関東の騎手か、敢えて型を元に戻してクラシック出走の段取りをつけたいと考えても不思議はない、ルメール騎手のタイセイスターリーであろう。
舞台は東京1800M。
ヤワな馬では逃げ切れないし、無論、差し来られる馬も多くはない。

東京1800実績、ひいては東京スポーツ杯組はとりあえず大丈夫だろう理論を盾に、ひとまず、スワーヴリチャードとムーヴザワールドはスローの好走馬ではないので、買い目の中心に入れておく。
何しろ、複数勝利馬が大井のサイバーエレキングしかいないという異常事態である。
信用も何も、判断基準がないに等しいメンバー構成だから、そうするより他はない。

対抗できるだろうと思われる馬は、重賞好走のタイセイ以外では、レイデオロ、コマノインパルスの次に走ったことのあるアサギリジョーと紅一点もクイーンCよりは目のありそうな良血のビルズトレジャー。
そして、人気先行で3戦1勝も連は外さないエアウィンザーだろう。

軸にするには、どれも帯に短し襷に長しだから、特に大意はないけれども、
◎ムーヴザワールド
○エアウィンザー
▲タイセイスターリー
という印の順となった。
この時期には大きなアドヴァンテージになる道悪の経験と、接戦で2戦以上好走している馬は、往々にして3歳戦の重要な場面で好走するものだ。

ムーヴザワールドはここを勝てないと、今後はかなり汲々としたローテを組まないといけなくなるので、戸崎騎手を配して、確実な賞金加算を狙ってきた節がある。
目標となる馬の質が高いとは言えないこういうレースで、ポテンシャルを信用できる相手は、大抵馬ではなく騎手で決めることが予想される。
言わずもがな、道中の駆け引きがこのレースを展望する上でのキーファクターとなるのである。

ズブいことは理解していても、ある程度は勝ちに出ないといけないケースで、誰もが、自分が目標とされる位置取りはしたくないと考える。
ならば、展開はさておき、新馬戦で一度は完全に出られた相手を差し切っているということは、それが今回も敵になる状況では、大きな過ちを犯す凡手は出にくいように思う。
戸崎騎手は、自分が前に行くと粗の出ることがあるが、多少生ずるいくらいの差し馬に乗ると測ったように前を捉えきる。
戦い上手なタイプとも言える。

芝で戦うことに彼より経験値の多い武、ルメール両騎手は、少々脚の使わせ方に難のある馬に騎乗する。
勝機はこちらによりある。
△スワーヴリチャード、アサギリジョー、ビルズトレジャー
スワーヴリチャードに関しては、前回は流れを味方につけてという印象の追い込みで、不器用なトニービン丸出しの2着だったので、頭か連外しかのどちらかのように思う。
この馬が勝てば、今年も本番は楽しみになるだろうが…。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方