2017年弥生賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ

弥生賞 -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 


人気が予想されるカデナにとって、2つのプラスの影響がその要因を形成しているように思う。
一つは、何といっても福永騎手の復帰即騎乗。
弥生賞には色々因縁のある鞍上は、今年は、本命馬に乗ってクラシックに向け始動する才能を駆ることになる。
もう一つが、接戦を演じた相手が、明けてから行われた重賞で好走しているという点。
どちらも決め手があるタイプで、ということが初めての重賞で証明されたことは、同じような性質のカデナの能力を、自ら走らずして保証したに等しい。

ただ、ガンサリュートをゴール前に捉えた未勝利戦は、相手が自分の形を決める前のレースで負かせたという可能性も孕んでいる。
その後に重賞を勝ってしまったから、今更意味を成さない勘ぐりなのだが、先週の中山競馬に学べば、まだ安易に差し馬を追いかけてはならない馬場状態、ともいえる。
父ディープインパクトは、後々に一泡吹かされそうになったアドマイヤジャパンに、生涯最も苦しい勝ち味をこの舞台で味わされた。
コマノインパルスともども、策を変えてまで勝ちに出る必要性がないトライアルで、強引な競馬を仕掛ける手は考えにくい。
そのどちらかが早めに動いたとき、もう片方がそれに合わせて動くというパターン以外、ワンツーという結論は想定しづらい。

それならば…。
2戦2勝のダイワキャグニーに、一昨年のキタサンブラックがタブってしまう。
それなりに支持されるはずだが、上がりの末脚が2戦続けて結構速いこの馬が、より人気になる2頭よりも器用である可能性あり。
今回も12頭立て。
13頭、11頭の競馬しか経験していないこの馬には、好位抜け出しという武器で伍して戦える条件が整った。
過剰に人気になったところで、ミルコバブルのような前日までは1番人気というケースは想定し難く、北村騎手の思うように競馬ができるはずだ。

近いところには上に4勝している現役のミエノワンダーがいるくらいで、仔出しはいいけど、大物が少ない印象いう血統。
ただ、初めてつけられたキングカメハメハのこの牡馬は、母系にノーザンダンサーを持たないことで、様々な種牡馬を試されてきた中で、明らかに機敏さの面で違う形が出た。
速い馬というわけではないだろうが、レイズアネイティヴのクロスを誘発する以外で、その血統の持つ特性はそのまま現れる構造になっている。
母父はサンデーサイレンスで、国内の競馬において比べる相手ではないのかもしれないが、二冠馬のドゥラメンテとは4分の3までは同じ構成である。

母方がいいということで、そのまま闘争心を前に出しても、類まれな身体能力で他の馬にはできないことまでできてしまったようなドゥラメンテとは対極の位置に、同期のGⅠ3勝馬・キタサンブラックがいた。
ダービーこそ信じられないほどの惨敗を喫したが、広い馬場で崩れるようなことはない、正統派の王道路線牽引者になった。
大物になるためにはもう少し何かが必要かもしれないダイワキャグニーは、ドゥラメンテやキタサンブラックの秘めた可能性の一部分でもここで出せれば、たちまちクラシックの期待馬になれる世代に生まれた。

尤も、過剰な支持があろうとなかろうと、強い馬を見た瞬間尻込みするような小物である可能性は、現時点で全く否定することができないわけだが、騎手のスタンスにまるで適応したような脚質を得意とするこの馬が、冬の東京開催でクラシック候補と思われた人気勢を全く相手にしなかった辺り、能力不足を疑う見立てはしてはいけないだろう。
下手をすると、この一戦で様相一変を有り得る。
勝手に期待して、今回はいいところだけを見ておきたい。

◎ダイワキャグニー
○サトノマックス
▲ベストアプローチ
注マイスタイル
△グローブシアター、コマノインパルス、ダンビュライト、ディアシューター

人気馬を相手にするのも手だが、今回は、勝ちに来そうな組が動いてくる可能性があり、位置取りの差が結果に影響する先週のパターンがあり得る。
対抗、単穴に関しては、ここで下げることは考えなそうな鞍上であることを加味し、その分、今まで期待されたカデナは、できれば4着になってもらいたいと考えた。
後のクラシックホースが4着以下の多いレースでもある。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方