2017年金鯱賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

金鯱賞 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

逃げる可能性もあったリアファルが回避。
こちらも逃げるかどうかは定かではないが、一気にスローの公算が大きくなったこのレースは、ロードヴァンドールにとって、臆することなく戦える舞台のように思う。
堂々とGⅠに出る権利を、新GⅠの前哨戦で初重賞制覇を果たすことで獲得してもらいたい。

この馬は重賞に出るのは、これが4度目になる。
勝った馬がゼーヴィント、サトノダイヤモンド、マルターズアポジーといった、その時最も旬を迎えた馬ばかりだったから、また、その内2度は、決してマイペースとはいえなかった少し控えた先団追走が、ちょっと厳しい流れであったことが、全く馬券に絡めなかった理由。

最初のラジオNIKKEI賞こそ10倍を切る支持の4番人気だったが、ほぼ先行崩れの競馬で9着。
が、前回は全く期待されていなかったこともよかったか、有馬記念の経験をそのまま勝因に繋げたかのようなマルターズアポジーの男気溢れる逃げで、これまた先行馬がほとんど崩れたのに、勝ち馬とこのロードヴァンドールだけが先行組で残った。

その時も太宰騎手。
神戸新聞杯以降は、四位騎手には一度も手は戻っていない。
昆厩舎が懇意にする騎手を乗せずに、ということにおける推察は、言わずもがなであろう。
母がタバスコキャットの全妹。
ストームキャットのいいところと悪いところがそのまま出てくるタイプほど、しっかりと出世するイメージがある。
半兄のロードマジェスティがそうであったように、忘れたころに…、を繰り返すタイプだ。

父ダイワメジャーで、近走500kg近辺で馬体重が安定しだしてからは、小回りばかりでも凡走はない。
決して前哨戦向きの馬ではないだろうが、差し馬人気で台頭するのは、こういう馬である。

◎ロードヴァンドール
○ルージュバック
▲プロディガルサン
注ステファノス
△サトノノブレス、タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルト、ヤマカツエース

暮れの金鯱賞よりは、いくらか中距離馬としてのスキルが求められるはずだ。
重い印の若い馬2頭は、何だかんだで、2つ以上の条件で重賞好走実績がある。
一芸の馬には、安定した能力を発揮できるようなタイプが相手になることも多い。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方