2017年阪神大賞典 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

阪神大賞典 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

正直言って、こんなレースをどう予想しても、当たった時の旨味は少ないから、外れた時は一層嫌な気分になる。
言いたいことを言って、その他の3歳主要戦の見立てを記すとしよう。

◎サトノダイヤモンド
○シュヴァルグラン
▲トーセンバジル
△レーヴミストラル
有馬記念の結果を見れば、鋭く反応する能力において、序盤の位置取りの差はそのまま、レース展開に順応する力量の違いとして現れたものだと、すぐにわかる。
距離適性で大差のない2頭が、当然レースの実質的な主導権を握ることは明らかであり、位置取りなど全く関係ない。
むしろ、遅い方が競馬は楽である。
どちらが勝とうとも次走は同じなわけで、内容がどうだったかだけを注目すべきレース。
長距離の専門家が多く、仕掛けるポイントを誤ることは想定し難い。

期待はトーセンバジル。レーヴミストラルと同じように、末の切れ味がこの距離でどう活きてくるかが馬券のポイント。
前を差せないようでは、立場が変わらない。

2000Mでちゃんと評価し直したい若葉Sのタガノアシュラ。
左回り1400ならでこのメンバーなら、いくらでも押さえたいと考えていたファルコンSのコウソクストレート。
ファンディーナをわずかにでも上回れる可能性を秘める、ハイレベルクイーンCの5着馬ハナレイムーンの血統の力に注目。

どれもこれも、大きな壁に一度は跳ね返された馬たち。
サトノダイヤモンドに見習い、自分の輝ける場所を見つけるための劇的勝利を期待する。
同時に古馬組に関しては、京都適性のよく現れた結果を求めたい。
シュヴァルグランはここでは敵わなくても、昨年以上の上昇力があれば、本番は頭まである。
アル共杯レベルのキレを示すことが重要だ。

3歳馬に期待したのは、ガッツだけにあらず。
コウソクストレート アマゾンウォリアー-メジロラモーヌ-3代-
タガノアシュラ ロイヤルサッシュ-ゴールデンサッシュ<ステイゴールドの母>-1代-
ハナレイムーン フォワードフライト-ノースフライト-1代-
最後の頼りは、信頼できる土着牝系というオチ。
もうそろそろ、爆発的才能が出てきてもらいたい牡馬路線なのだが…。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方