2017年スプリングステークス レース展望

JUST競馬予想ブログ

スプリングS -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


◎ウインブライト
○アウトライアーズ
▲サトノアレス
注トリコロールブルー
△エトルディーニュ、ストロングレヴィル、プラチナヴォイス

中山での競馬で強い印象を残した2頭には、十二分に阪神の朝日杯上位組に伍して戦える武器が備わっている。
ロングスパートで勝負することが、この特異な作りであるがために、偏った傾向を示すことの多い中山内回りコースの中距離戦という条件で、必ずしも有利な脚質とは言えない。
が、キレや軽快さとは無縁の馬にも、このレースは大いなる可能性を見出してきた歴史がある。

それを信じてみたいという思いと同時に、正直すぎるかもしれないが、今の戸崎騎手は大きな期待に応えられるほど、まだ信用ならぬところがある。
土曜の競馬を見てから、厳密に判断を下した方がいいのかもしれないが、パッとしない。
この開催でも中山で結構乗っているので、いくらでも判断材料はあるのかもしれないが、いつものブレイクしている時の雰囲気にまでは到達していない。
おまけに、当面のライバルになりそうな田辺騎手がとても内容の濃い騎乗を中山で多く繰り返している。

卒のない競馬を好む騎手に、キレ者・サトノアレスは合うかもしれない。
力は一枚上なのも確か。朝日杯の脚は尋常ではない。
中山1800で初勝利を挙げている点も、以下続いた組の勝ち上がり率の高さも、些細な弱点探しを論破するに足る、実績の一つとも言える。
ただし、6着まではすでに未勝利を勝ち上がっているが、自身がハナ差でやっとこさ勝った後、東京のマイルで変わり身を見せたように、2、3着馬は東京で未勝利クラスを脱出する勝利を挙げたのだ。

それをここでいい意味で裏切ることは、本当に良いことなのか。
一昨年の12頭立てのレースの際は、GⅠ馬は3着で上位2頭は後の古馬GⅠホルダーという力の決着であった。
が、その前も見てみると、朝日杯もここも皐月賞も、その全てで出色の時計で勝ちまくったロゴタイプの勝利した記録以外、人気に応えられた2歳王者は、中山朝日杯時代もほとんどいないのだ。
90年代の本当に後半になってからは、ラジオたんぱ杯というレースが重要視されるようになったから、90年代にはブルボンもブライアンもバブルも勝っている、などという論拠を示すことは、今はもう意味はなし。
今年GⅠに昇格する後継のホープフルSと、もう同等に扱いである。

その暮れの2000M重賞とこことの相性も芳しくない。
距離を意識して使ったからこそ、弥生賞を使う馬が多いのである。
人気に応えられず、ここでの人気落ちで巻き返しに成功したグランデッツァくらいしか好走していない。
この引き合いも無駄か。今年も、ホープフルS組は出ていない。

勝負のポイントは、どう足掻いてもハイペースを作れそうな馬がいないということか。
スローの中山1800では、往々にして追い込みが決まる。
無駄な動きは大敵と、関東所属騎手や世界を股にかけて活躍する青い目の著名騎手はそれを理解して、わざと仕掛けを遅らせてくることもよく見かける光景だ。
松岡、田辺両騎手には、道中で動ける強みがある。
全姉ウインファビラスのブライトには、ポンと行って押し切ってしまう可能性があり、デビューから20kg余増というステイゴールドらしからぬ、モリモリタイプのパワフルさが備わっているから、相手の動きを見ながらという、まるで意味のないトライアルにはしないはずだ。
本当に中山が合っているタイプは少ないだろう。常識的な展開が勝負の鍵を握っている。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方